FEATURE!!

FAVORITES

  • Top
  • 漫画
  • 【漫画 × バンド・デシネ!】その㊺ 谷口ジロー「バルセロナ展」:『犬を飼う』

【漫画 × バンド・デシネ!】その㊺ 谷口ジロー「バルセロナ展」:『犬を飼う』

サロン・デル・マンガ スペシャル!

連載「漫画 × バンド・デシネ!」では、2017年に急逝した谷口ジローのバルセロナ展について毎週取り上げている。今回紹介する『犬を飼う(Tierra de sueños)』は、1991年に制作された、人間と動物の絆の物語だ。

スペイン語のタイトルを和訳すると、「夢の地」となり、原題とは異なる意味を持たせている。本展示で、スペイン人作家でコンピュータエンジニアでもあるオスカル・グアルは、「タニグチにとっての夢の地とは、神々の住む国ではなく、日常である」と品評している。

作品中、子宝に恵まれなかった夫婦が、長年我が子のように可愛がっていた愛犬タム。そのタムが老いて臨終の時を迎え、14年振りに2人に静寂が訪れる──。

大半のペットは人より寿命が短く、人が看取る運命にある。我が子を看取らなければならないとしたら、それは親を看取るよりも無念なものだろう。

今、一つの命が死にゆくという短い時を、この作品では実に克明に、奥深く表現している。「ペットを亡くす」「肉親を亡くす」という誰でも経験し、耐え難いが、しかしどうにもならない日常を描く。生きることとは何かを静かに、そして力強く訴える作品だ。

 

<連載第44回はこちら>

【漫画 × バンド・デシネ!】その㊹ 谷口ジロー「バルセロナ展」:『欅の木』

 

©
Jirō Taniguchi

FEATURE!!

小野賢章・岸本卓也・早乙女じょうじが参加
12/13開演、Team Unsui第2回公演『カプセル』稽古レポ&インタビュー(後編)

小野賢章・岸本卓也・早乙女じょうじが参加
12/13開演、Team Unsui第2回公演『カプセル』稽古レポ&インタビュー(前編)

AKIBA’s GATE 声優養成所/新人声優特集
連載第2回(後編)
アプトプロ付属声優養成所/財満健太さん