FEATURE!!

FAVORITES

  • Top
  • 笑顔で迎えるサイコーを超えた明日へ!ドリフェス! Presents FINAL STAGE at NIPPON BUDOKAN 「ALL FOR TOMORROW!!!!!!!」レポート

笑顔で迎えるサイコーを超えた明日へ!ドリフェス! Presents FINAL STAGE at NIPPON BUDOKAN 「ALL FOR TOMORROW!!!!!!!」レポート

2次元の新人男性アイドルと3次元のキャストが連動する5次元アイドル応援プロジェクト『ドリフェス!』。DearDream、KUROFUNEの活動に区切りをつけることが発表されていたが、その集大成となるドリフェス! Presents FINAL STAGE at NIPPON BUDOKAN 「ALL FOR TOMORROW!!!!!!!」が10月20日(土)・21日(日)の2Daysで東京・日本武道館にて行われた。沢山のファンがエールを送るべく詰め掛けたが、本稿では最終日となる21日(日)の模様をお届けする。

ファンが様々な思いを胸にステージを見つめる中、スクリーンからオープニング映像が流れ始め、DearDreamの石原壮馬(as:天宮奏)、溝口琢矢(as:及川慎)、富田健太郎(as:佐々木純哉)、太田将熙(as:片桐いつき)、正木郁(as:沢村千弦)、KUROFUNEの戸谷公人(as:風間圭吾)、株元英彰(as:黒石勇人)の姿が次々と映し出されると客席からは大きな歓声が上がった。

「行くぞ武道館!」という石原の声とともに7人が姿を現すと、1曲目『ALL FOR SMILE!』からライブがスタート。2曲目の『Dream Greeting!』と続けて7人の息の合ったダンスパフォーマンスを見せる中、「皆さん僕たちにもっとエールを届けてください!」という声に一段と歓声が大きくなり、早くも会場は熱気に包まれた。

2曲続けたところで自己紹介とともに挨拶が行われ、「皆さん今日は全部出し切りますよ、ついてこれますか?イケるっしょ!」(石原)、「今日はここをどこよりも最高の空間にしましょう」(溝口)「皆さんが太陽に見えてしょうがないです。でも一番の太陽は俺、ヨロシク!」(富田)「今日は夜まで帰さないぞっ」(太田)「武道館、立ったぜー!」(正木)「今日はここまで白馬で来ましたから。プリンスモード全開で行きます」(戸谷)「武道館のお前ら全員開国だ!今日は一生忘れられないライブにします」(株元)と、2次元と3次元を感じさせながら意気込みを語った。

「ここからぶっ飛ばしていきますが皆さん声出す準備は出来てますか?」「イケるっしょ!」のコール&レスポンスで会場を再び熱くすると、DearDreamが3曲連続で披露。デビュー曲の『NEW STAR EVOLUTION』、アニメ1stシーズンOP主題歌になった『PLEASURE FLAG』、そして最新アルバムからの1曲『Tomorrow’s Song』と、これまでの軌跡と成長を見せつけるようなパフォーマンスで観客を圧倒した。

DearDreamの後スモークと光の中から登場したのはKUROFUNEの2人。『ARRIVAL -KUROFUNE Sail Away-』では「KUROFUNE!」「襲来!」のコール&レスポンスで会場との熱い一体感を見せたかと思うと、続く『シナリオ』では拳を突き合せたり背中合わせで歌う2人の世界に全員が目を奪われていた。MCでは、「(1日目の)昨日見たあの景色がもう一度見たい」と会場に金と銀の光をリクエスト、出来上がった光景を見て「金の冠みたい」と感動の声を漏らす場面を見せていた。

ここからはユニット曲が続く。石原・溝口・富田のユニットTRAFFIC SIGNALの『グローリーストーリー』ではスクリーンの映像とシンクロして弾丸を打つ仕草やハートを描き5次元の世界を表現、『MAY BE, LADY!』は人気のラブソングで、曲の合間合間に会場からは黄色い声が上がっていた。KUROFUNEが『君はミ・アモール』を色気たっぷりに披露すると、続く溝口・正木も負けじと『Magnetic Emotion』、『Symmetric love』をキレのあるパフォーマンスと濃厚な絡みで観客を魅了していた。

ジャンピングポップアップで勢いよく飛び出した太田・正木のW-MaSKatは『STARTING TOGETHER』を観客と一緒になって歌唱。MCを挟み2人でもう1曲やりたいと言うと、「郁となら」「将熙となら」「どこまでも強くなれる!」のセリフから『You are my RIVAL』がスタート。ステージを元気いっぱいに動き回り、2人の仲睦まじさを会場いっぱいにアピールしていた。これに対抗するかのように、次に登場したKUROFUNEは仲の良さを超えた絆の深さを『BEST☆★PARTNER』に乗せて届けていた。

ここからは初披露となるソロ曲が続く。トップバッターの正木は作品内の衣装キャンディブロックシリーズのカラフルなタキシード姿で登場すると、華麗なステッキ捌きを見せながら『ハピハピハッピー♪スマイリング☆』を披露。マリーミーシリーズを思わせる白スーツに身を包んだ太田が歌う『Wherever I am』に観客が笑顔で聞き入ると、富田は星柄のファイブスタービート衣装で『Dream Painter』を爽やかに歌い上げた。

次は石原・富田・太田の3人が姿を現し『Lifetime=Partytime!』が始まる。歌詞にある「一度きりの人生じゃん?派手に騒ごう!」そのままに観客を煽り、間奏ではバズーカを打つなどしてソロ曲に聞き入っていた観客を熱くさせる。DearDream5人となった次の曲『真夏色ダイアリー』はタオル曲となっており、手拍子やタオルを振り回したり、石原・富田からはヘッドバンギングが飛び出すなど、思い思いの盛り上がりで真夏のような熱さに包まれていた。

MCでは、ここまでのライブやリハーサルを振り返りながら和やかなトークで観客を楽しませていた。また様々なベストオブを更新してきた7人が、武道館でやりたいこととして『ベストオブウェーブ』を挙げると、会場が一体となってサイコーの『ベストオブウェーブ』を作り上げた。

再びソロ曲が始まり、まずは戸谷が『RING』を披露。切ないメロディーながらも大切な人へ向けた熱い思いをバラードに乗せると、入れ替わるように株元が登場し思いに応えるように『SINGIN’ IS ALIVE』を激しく歌い上げる。曲が終わると再び戸谷が現れKUROFUNEが集結、『Whole New World』は炎も噴き出すまさに熱い一曲となっていた。その熱いステージを引き継いだ溝口は『リフレイン』を青い炎のように情熱的に表現し、続く石原の『Run After Blowin’ Wind!』はセンターが歌うにふさわしい曲となっており観客と一体になっての合唱で盛り上がりを見せていた。

石原以外の6人が新衣装ミリオンエールで登場すると、ここまでの感動や興奮を振り返り太田は「ステージに出た瞬間、客席一面が自分の色になる、この景色は宇宙一ですよ!」と感動を露わに。「この光景を記憶だけじゃなく記録にも残したいよね」と6人が話していると、石原がカメラマンを伴って登場。今回のキービジュアルにもなっている2次元イラストと同じシチュエーションで撮る5次元写真や、「ドリフェス!サイコー!」の掛け声とともに思い思いのポーズでの記念写真を撮っていた。

ここからライブはラストスパートに突入。DearDreamのダンサブルな一曲『ユメノコドウ』からスタートすると、続くKUROFUNEは「新しいSTAGE」「無限の未来」といった印象的なフレーズでクライマックスとともに明日を感じさせる『Future Voyager』、『OVER THE SEVEN SEAS』を披露。2ndアルバムのリード曲、DearDreamの『GO TOMORROW!!!!!』は「明日」へみんなを連れて行くという思いが観客の胸を響かせていた。本編最後となる『シンアイなる夢へ!』では曲の途中でKUROFUNEの2人も参加し、歌い終えるとサイコーの笑顔でステージを後にした。

ドリフェスではおなじみの「イケるっしょ!」コールが鳴り響く中、スクリーンに2次元の7人が映し出され感謝を伝え終えると、3次元の7人が再び登場し『インフィニティ・スカイ』を披露。株元が石原を肩車してステージを駆け回るなど、本編では見せなかったのびのびとした姿を見せていた。MCでは、これまでのドリフェス!の思いや今日の感想が一人ずつ語られた。

 

株元
本当に今日はありがとうございました。3年、長かったなあ。
ドリフェス!ってアニメとかアプリとかラジオとか色々なことをやってきていて、みんなは何で一番ドリフェス!を楽しんでくれたのかな。たくさんのことをやらせて貰う中で、その裏には僕たちを支えてくれる沢山のスタッフがいて、こうやって足を運んでくださる皆さんがいます。僕たちは代表して立っているだけであって、スタッフさんのサポート、そして来てくれる皆さんがいるから武道館という会場に来れました。
なので本当にドリフェスを愛してくださった皆さん一人一人に僕は感謝しています。
本当に、本当にありがとうございました。

戸谷
今までの、3年間、感謝しかないです。
(このステージに立てたのは)こうやって来て下さるプリンセスや支えて下さってるスタッフの皆さんのおかげですし、ただ単純にありがとう、これが一番伝えたいことです。
これから7人はそれぞれ新しい道に歩んでいくと思います、みなさんもきっと武道館が終わったらそれぞれの道に進んでいくと思います。その時に、ドリフェス!は永遠に皆さんの心の中に生き続けるので、どんなことがあってもそれを思い出して一緒に頑張っていけたら、僕たちも幸せだし皆さんも幸せになってくれたら嬉しいです。
スタッフさん、キャスト、最高の永遠の相方と会えて僕はすごく幸せでした。楽しかった、本当に楽しかったです。
この2日間、そしてこの3年間本当にありがとうございました。

正木
楽しかったとか、笑って終わろうとか、いっぱい言ってきたけど、寂しくない わけないじゃん!
僕がこの芸能界をスタートしてから約3年間、ずっとずっとドリフェス!が一緒でした。
明日はリハーサルとか、次のコンサートとか、色々なことに大好きなメンバー、大好きなスタッフさんと一緒に向かって行きました。
それもこれも、ファンの皆さんに感謝を伝えたいからです。すっごい楽しかった。
こうやって会いに来てくれるみんな、僕たち7人、2次元の7人、そのみんなに会いに来てくれるみんなが大好きです。
ドリフェス!は僕の人生で、僕の青春でした。だからドリフェス!をみんなが思ってくれる限り絶対に終わらない。僕たちの絆は不滅って歌で歌ってる、だから不滅、終わんないんです!
色々な夢を与えてくれてありがとう。僕たち5人に、7人、14人に出会ってくれてありがとう。

太田
ドリフェス!が始まる前、いつきも学業とアイドルと迷っていたように僕も自分の道に迷っていました。そんな中でドリフェス!に出会って、いつきと出会って、DearDream、KUROFUNE、そして皆さんと出会って僕の人生は輝き出しました。始めは5人でドリカを配って、7人でイベントをやったりして、それが今じゃこんなに大きくなりました。
みんな一人一人がいたから、僕らここまで来れました。
今僕は胸を張って武道館に立っています。だからみんなも誇りに思っていて欲しい。Dear Dream、KUROFUNE、そしてドリフェス!をずっとこれから先も誇りに思ってほしい。ファイナルだからって武道館に立ってるわけじゃない、みんながいたから、俺たちの実力で勝ち取ったんですよ武道館。
僕たちと出会ってくれて本当にありがとうございました。

富田
僕たちは最初カード配りから始まって、イベントも色々やりました。全てが初めてのことだらけで、迷いながらもがむしゃらに走ってきました。そうしていくうちに一つ一つ道が見えてきて、まさか武道館という景色が見られるとは3年前全く思っていませんでした。
僕はアニメとか全然見てなくて、声優をやることに対して変な気持ちがありました。そこでドリフェスに出会って、声優というものの素晴らしさや難しさを学びました。
その中で僕は、佐々木純哉という人物を自分の中で寄せたくなくて、自分と純哉は全く別の人間で、でも互いに尊敬しあったり、そういうところで純哉を表現しようとしました。それがなかなか伝わらなかったり難しいところがあったかもしれません。でも自分の中ではずっとそれを貫いてこの3年間やっていました。
今日武道館に立ってるときに純哉の気持ちが少しだけわかった気がしました。今日の僕、すごくかっこつけたりしたんですよね。その時すごく5次元って素晴らしいな、最強だなと思いました。
同時に、一緒に舞台に立ってるこのメンバーが本当に誇らしいです。誰の目を見ても、誰の姿を見ても安心します。これはこれから先もずっと変わらないです。
皆さんも、その気持ちをこれから先も持っていて欲しいです。僕たちを見て安心して、僕たちを見て夢を追いかけて、夢を掴んで叶えてください。
僕は最高の夢を叶えさせてもらいました。ありがとうございました。

溝口
ドリフェス!が始まる時に(イメージカラーが)青だよって言われて、正直戸惑いました。青は僕が大好きな色で、憧れもあって、自分とは真逆でした。例えばアニメの青はクールで冷静でかっこよくてというイメージが強くて、その青になるっていうのが元々好きだった分すごいプレッシャーもあって。
でも何で頑張ってこれたんだろうと思うと、まず第一にこの仲間がいたこと。まだ皆さんにお会いする機会があまり無い頃、青ってこういうイメージじゃないとか一緒に構築していきました。こういうのが青っぽいよとか、琢矢のこういうところが慎っぽいねとか、メンバー、スタッフさんが言ってくれて。その環境が本当に幸せで、それがなければこの及川慎ではなくなってたと思いますし、本当に感謝しています。
それと同じくらい、こうやって皆さんに会えるようになって、面と向かって慎くんが好きですって言って貰えた瞬間に、ああ頑張ってきてよかったなと思いました。この職業は皆さんがいてこそ、口では簡単に言えます。でも実際に体感できるっていう機会はなかなかなくて、皆さんから直接エールを受け取れる『ドリフェス!』は本当に素敵だと思います。
だから、この空間、この感謝を絶対に忘れません。及川慎に出会えて、皆さんに出会えて、このメンバーに出会えて幸せでした。本当にありがとうございました。

石原
この会場に色々な感情が渦巻いている気がして、それがまたいいですよね。僕も昨日今日とライブをして、今まで思い出さなかったことが色々思い浮かんできました。最初カード配りから始まって、(デビューシングルの)『NEW STAR EVOLUTION』を出して全国行脚に行った時も場所によってはお客さんが少なくて。でもそれって悪いことではなくて、そこに、その時、応援してくれた人は確実にいたから。
今日、目に見えてるだけでも沢山の人が来てくれました、めちゃめちゃ嬉しいです。でも見えない所にも沢山の人たちがいて、その思いの積み重ねでここまで来ることが出来ました。3年という時間だったけど、色々なものが詰まった今までで一番濃い3年間でした。
もしかしたらツアーで終わってたかもしれません、でもスタッフさんや僕らもライブがやりたい、直接気持ちを伝える場が欲しいと思い、みんなにこの武道館という夢だったステージに連れてきてもらえました。ファイナルステージの武道館で、みんな一人ずつ直接思いをぶつけられて、みんなの気持ちも受け取って、サイコーのファイナルステージだなと思います。
今泣いてる人もいっぱいいるけど、何も悲しくないと思うんですよ。だって俺らがスタートした時には考えられなかった武道館というステージがあるし、いろんな人に出会ってきたし、メンバーともであったし。僕らも武道館に立たせてもらったことは誇りに思いますが、みなさんも誇っていいと思います。みんなで来ました、武道館に!
みんな全員仲間になりました。俺たちは7人グループですけど、全員合わせたら何人グループですか?最強のグループですよ!全員でドリフェス!です、僕らだけではできません、今まで出会ってくれたみんなで真のドリフェス!を作り上げてこのファイナルステージまで走り抜けました。みんなで讃えあいましょう!

 

堪え切れず涙を見せるメンバーや、すべてを出し切った笑顔を見せるメンバー、それぞれが熱い思いを溢れさせた。客席から「まだまだイケるっしょ!」とエールが送られる中、最年少ながらセンターを務めた石原を6人が労うと、石原は「みんながセンターにしてくれたし、メンバーが支えてくれてセンターになることが出来ました」と語り、6人や会場から送られた大きな拍手に「夢見てるみたい」と感動を噛み締めていた。

まだまだ思いは尽きない中、「伝えたいことはいっぱいあるけど、すべては歌に乗せて届けます。みんなでいろんな気持ちをぶつけあいましょう!」と声を上げアンコール最後の曲『ETERNAL BONDS』がスタート。最後はライブTシャツ姿の2次元の7人も登場し、14人で「俺たちはいつでもみんなのそばにいる。一緒に行こう、笑顔で迎えるサイコーを超えた明日に向かって!今日は本当にありがとうございました!」とアンコールを締めくくった。

鳴りやまない「イケるっしょ!」の声に応えて再度7人がダブルアンコールで登場。石原が「最後は俺たちのステージじゃなくて、みんなのステージでもあるから。みんなドリフェスの一員だと思って全員で曲を完成させよう!」と『ALL FOR SMILE!』を歌唱。会場みんなの気持ちを乗せた歌声が武道館中に響いた。

ライブタイトルにも「ALL FOR TOMORROW!!!!!!!」とあるように、メンバーだけではなくファンのみんなで『笑顔で迎えるサイコーを超えた明日』を作り上げ、みんなで迎えたFINAL STAGE。こうして5次元アイドル応援プロジェクト『ドリフェス!R』の幕は閉じた。

撮影:KENTA Suzuki / JOKEI Takahashi / TAKUMI Nakajima

■セットリスト

01. ALL FOR SMILE
02. Dream Greeting!
03. NEW STAR EVOLUTION
04. PLEASURE FLAG
05. Tomorrows Song
06. ARRIVAL -KUROFUNE Sail Away-
07. シナリオ
08. グローリーストーリー
09. MAY BE, LADY!
10. 君はミ・アモール
11. Magnetic Emotion
12. Symmetric love
13. STARTING TOGETHER
14. You are my RIVAL
15. BEST☆★PARTNER
16. ハピハピハッピー♪スマイリング☆
17. Wherever I am
18. Dream Painter
19. Lifetime=Partytime!
20. 真夏色ダイアリー
21. RING
22. SINGIN IS ALIVE
23. Whole New World
24. リフレイン
25. Run After Blowin Wind!
26. ユメノコドウ
27. Future Voyager
28. OVER THE SEVEN SEAS
29. GO TOMORROW!!!!!
30. シンアイなる夢へ!

EN1. インフィニティ・スカイ
EN2. ETERNAL BONDS
W-EN. ALL FOR SMILE!

©BNP/BANDAI, DF PROJECT

FEATURE!!

AKIBA’s GATE 声優養成所/新人声優特集
連載第2回(前編)
アプトプロ付属声優養成所/財満健太さん

AKIBA’s GATE 声優養成所/新人声優特集
連載第1回
WAHO學院(EARLY WINGグループ)/松永一輝さん

AKIBA’s GATE 立花理香さん特集
連載第4回「アイドル」について