FEATURE!!

FAVORITES

  • Top
  • petit miladyは次の時代へ! 悠木碧と竹達彩奈が全力で吠えた5th LIVE「Howling!!」レポート

petit miladyは次の時代へ! 悠木碧と竹達彩奈が全力で吠えた5th LIVE「Howling!!」レポート

悠木碧と竹達彩奈による声優ユニット“petit milady(プチミレディ)”が、3月3日(日)、東京・豊洲PITにて、5th LIVE「Howling!!」を開催した。“プチミレ流ロック”を謳った、バンドサウンドを前面に押し出したアルバム『Howling!!』を引っさげての公演は、プチミレ活動5周年イヤーの締めくくりとなった。

会場が暗転するといよいよライブが始まるかと思いきや、のんびりと話しながら悠木と竹達が下手から登場すると、その周りにはバンドメンバー、メイクさんやマネージャーさん、プロデューサーや放送作家など様々なスタッフも居て、雰囲気はさながら楽屋裏。そして通常は舞台袖で行なうのであろう円陣組みと「プチミレ、Howling!!」という掛け声をスタッフ全員で行った後に、ムッチュ☆(ファンのこと)達とも一緒に行ない、petit miladyの面白ければ何でもアリな姿勢が早くも垣間見える。

その雰囲気を自分たちの手で一変させたのが、オープニングナンバー「Howling」だ。アルバムのオープニングを飾った荒々しいドラムからスタートするこの楽曲で、スイッチが入ったムッチュ☆たちは、2人からの「男子」「女子」とコールを煽るパートで拳を振り上げて応える。この日も設けられた女性専用エリアに向けて、悠木がイケメンボイスで語りかけて黄色い声援を浴びていたのも印象的だった。petit miladyのライブパフォーマンスは曲ごとに盛り上がるポイントが散りばめられており、それは2曲目「キミと」で竹達が見せた”壁ドン”の仕草もそうで、こちらは女性だけでなく男性からの嬌声も集めていた。

冒頭3曲を終えるとトークパートに。アルバムのジャケット画像と同じ、赤と青のチェック柄を基調とした衣装はかなりの重装備らしく、直前に歌っていた「be myself」で手を振り上げる動きも大変だったと2人が語る。そして休憩もそこそこに始まったのは、「azurite〜アップデートの坂道〜人魚姫(BPM of the 21st century)」という怒涛の“イトケンメドレー”タイム。各楽曲はワンコーラスずつの披露だったが、その短い時間の間でプチミレのこれまでの活動が頭の中を駆け巡り、深海を思わせる真っ青なライティングの下で歌声を届ける2人に思わず息を呑んだ。

メドレー3曲と同じく伊藤賢作曲の「桜のドアを」「blue cores」を歌唱後には、幕間の映像コーナーに突入。MCにたかはし智秋、ゲストに”ロック過ぎる声優ユニット”のプチミレという設定で届けれらた「智秋の部屋」では、某長寿番組を彷彿とさせる雰囲気の中、プチミレ2人のロックな生き様に焦点が当てられたインタビューが放映された。

映像明けのサプライズ企画として、ムッチュ☆たちがウサミミをつけた状態でプチミレを待ち構えており、「世界中が恋をする夜」を歌いながら再登場した2人は「え?! 何これ?!」と驚きながらも笑顔でかわいらしいステップを披露した。装いを白シャツ×コルセットと新たにしたこのブロックでは、ラズベリー色に染められた会場でロボットのような振り付けを見せた「Color voice」と、手と手を取り合って元気いっぱいに歌う「A or A!?」で、ハードなダンスパートを立て続けに疾走していった。

激しいダンスから体力の回復を図ろうと、MCではムッチュ☆たちのサプライズ企画や、自身の衣装チェンジについて話す2人だったが、会場の熱気が異様に高まっていることもあって「全然汗が引かない」と語り、会場の笑いを誘う。そんな、ユーモアあふれるトークの後に繰り出されたのが「はじまりのうた」だ。アルバム収録のバラードソングは、お互いの声の特長を生かしながらソロパートを丁寧に進行していき、2人が徐々に歩み寄りながら向かい合う形で歌声を重ねる様には胸に迫るものがあった。そして「キミとソラのむこう」「Lost my melody」と続き、「途中までのメロディー」の間奏では、悠木がタンバリンを振り鳴らし、竹達が片手でリコーダーを吹き鳴らすという、ロックすぎるソロパートを披露した。

本編ラストの2曲は「360°星のオーケストラ」と「She CAN DROPS☆」。彼女たちの本気のシャウトが聞ける「She CAN DROPS☆」では、激しすぎるヘッドバンギングや、モニターに足を乗せカメラに向けてのフォックスサインなど、これぞ“プチミレ流ロック”の真髄と言わんばかりに、真っ赤に染まった会場を汗だくの姿で暴れまわった。

アンコールでは、ライブで人気を誇る「Cinderella Beyond The Destiny」と、出だしのコールから最高潮に盛り上がる「Fantastique♥Phantom」、そしてメドレーで「100%サイダーガール〜ドキドキド」を3曲連続で披露し、最後には「皆で一緒に飛びましょう!」の掛け声のもと、会場全体で一斉にジャンプしてライブハウス豊洲PITを大きく揺らした。

そして、ライブ終わりに、「いつもムッチュ☆たちが自主的に行なっている三本締めを一緒にやってみたい」と竹達が言うと、冒頭の掛け声を担当するひとを、会場の中からじゃんけんで選抜することに。発案者の竹達が、我こそはと立候補したムッチュ☆たちとじゃんけんをした結果、なんと全員を打ち負かしてしまったため、結局、竹達自身が三本締めをの掛け声を発して、ライブの成功を自らの手で締めくくった。

プチミレの所属レーベル”ZERO-A”が今年3月末日をもって音楽レーベル事業を休止、丸6年間続いた文化放送「碧と彩奈のラ・プチミレディオ」の放送も終了してしまったが、プチミレの活動自体はこれからも続くことを、笑顔で宣言。平成も終わり令和へと向かうこの時代に、次なる一手はどのように打たれるのか、今は楽しみに待ちたい。

■ petit milady 5th LIVE「Howling!!」
日時:3月3日(日) 17:00開場/18:00開演
場所:チームスマイル・豊洲PIT

●セットリスト
M1. Howling
M2. キミと
M3. be myself
M4. [メドレー]azurite〜アップデートの坂道〜人魚姫(BPM of the 21st century)
M5. 桜のドアを
M6· blue cores
M7. 世界中が恋をする夜
M8. Color voice
M9. A or A!?
M10. はじまりのうた
M11. キミとソラのむこう
M12. Lost my melody
M13. 途中までのメロディー
M14. 360°星のオーケストラ
M15. She CAN DROPS☆

-Encore-
EN1. Cinderella Beyond The Destiny
EN2. Fantastique♥Phantom
EN.3 [メドレー]100%サイダーガール〜ドキ♡ドキド

■petit milady のライブグッズなどが通販で販売中!
https://www.animate-onlineshop.jp/corner/cc/petitmilady/cd/928/

■リリースインフォメーション
●petit milady 5th Album「Howling!!」
発売日:2018年12月19日(水)
初回限定盤A (CD+DVD+グッズ) 8,333円+税 ●缶バッヂ+ステッカー付き ●デジパック仕様
初回限定盤B (CD+Blu-ray) 5,370円+税 ●デジパック仕様
通常盤(CD) 3,000円+税 ●紙ジャケット仕様

●petit milady Blu-ray『弾けろ!プチパリ・ミュージックアワード!』
発売日:2019年2月27日(水)
Blu-ray 2枚組 10,500円+税
DISC-1 昼の部収録(全14曲)/DISC-2 夜の部(全15曲)+メイキング映像収録
〈Blu-ray Disc 1〉
1.ハジマリズム/2. 100%サイダーガール/3. 恋はみるくてぃ/4. 緋ノ糸輪廻ノGEMINI/5. Fantastique♥Phantom/6. #彼氏いません/7. Eat or Love??/8. キラリキラリ/9. 世界中が恋をする夜/10.360°星のオーケストラ/11.キミと/12.azurite/13.Ma Chérie/14.A or A!?
〈Blu-ray Disc 2〉
1. ハジマリズム/2.A or A!?/3.Ma Chérie/4.メドレー [azurite~アップデートの坂道~人魚姫(BPM of the 21st century)]/5.鏡のデュアル・イズム/6.キミと/7.100%サイダーガール/8.スキ キライ キライ 大スキ♡/9.世界中が恋をする夜/10.360°星のオーケストラ/11.#彼氏いません/12.Eat or Love??/13.キラリキラリ/14.Fantastique♥Phantom/EN.azurite/メイキング映像

© 株式会社ZERO-A. All rights reserved.

FEATURE!!

声優ユニット・SPR5の1stアルバムリード曲
「アルキオネ」MV撮影現場に密着!

小野賢章・岸本卓也・早乙女じょうじが参加
12/13開演、Team Unsui第2回公演『カプセル』稽古レポ&インタビュー(後編)

小野賢章・岸本卓也・早乙女じょうじが参加
12/13開演、Team Unsui第2回公演『カプセル』稽古レポ&インタビュー(前編)