FEATURE!!

FAVORITES

  • Top
  • 漫画
  • 【第23回サロン・デル・マンガ現地リポート】日本アニメ生誕100年展!手塚治虫らの『西遊記(La leyenda de Son Goku)』

【第23回サロン・デル・マンガ現地リポート】日本アニメ生誕100年展!手塚治虫らの『西遊記(La leyenda de Son Goku)』

サロン・デル・マンガ スペシャル!

昨年11月初旬にスペイン・バルセロナで開催された日本の漫画やアニメの祭典「バルセロナ・サロン・デル・マンガ(23 Saló del Manga de Barcelona)」では、日本のアニメ生誕100年を記念し、その歴史を紐解く展示が行われた。今回は、1960年に制作された、手塚治虫・藪下泰司・白川大作の『西遊記(La leyenda de Son Goku)』を紹介する。

この作品は、中国で16世紀ごろに成立した小説『西遊記』に着想し、あの手塚治虫が制作した漫画『ぼくの孫悟空』を基にした長編漫画映画(88分)だ。同じく西遊記に着想した作品としては、鳥山明の『ドラゴンボール』がお馴染みで、スペインでも絶大な人気を誇る。

石猿の孫悟空は、天竺にありがたい経文をとりに行く三蔵法師のお供をして、猪八戒や沙悟浄といった個性豊かなキャラクターたちと珍道中を繰り広げる。映画化する際、オリジナルストーリー仕立てにしており、その演出には手塚のみならず、多くのクリエーターの意見が反映されている。そしてミュージカルのような作風となったのは、もしかすると手塚が少年時代に足繁く通った宝塚歌劇の影響ではないだろうか。

天竺(インド)のシーンは、手塚治虫の代表作『ブッダ』の舞台でもあり、登場する孔雀が色は違えど『火の鳥』のようでもあり、観ていると視聴者の頭の中でどんどんと手塚ワールドが広がっていく。

「バルセロナ・サロン・デル・マンガ」の現地リポート、次回も乞うご期待!

©東映

FEATURE!!

声優ユニット・SPR5の1stアルバムリード曲
「アルキオネ」MV撮影現場に密着!

小野賢章・岸本卓也・早乙女じょうじが参加
12/13開演、Team Unsui第2回公演『カプセル』稽古レポ&インタビュー(後編)

小野賢章・岸本卓也・早乙女じょうじが参加
12/13開演、Team Unsui第2回公演『カプセル』稽古レポ&インタビュー(前編)