FEATURE!!

FAVORITES

  • Top
  • 漫画
  • 【第23回サロン・デル・マンガ現地リポート】日本アニメ生誕100年展!『力と女の世の中』

【第23回サロン・デル・マンガ現地リポート】日本アニメ生誕100年展!『力と女の世の中』

サロン・デル・マンガ スペシャル!

11月初旬にスペイン・バルセロナで開催された日本の漫画やアニメの祭典「バルセロナ・サロン・デル・マンガ(23 Saló del Manga de Barcelona)」では、日本のアニメ生誕100年を記念し、その歴史を紐解く展示が行われた。今回は、1933年に公開された、政岡憲三監督の『力と女の世の中』を紹介する。

『力と女の世の中』は、国産トーキーアニメ映画の第2号作品。サラリーマンで4児の父の主人公は、恐妻家で巨体の妻には頭が上がらない。にも関わらず、ある日、自らの寝言から浮気を感づかれてしまい、夫が働いた不貞の裏を取るべく、妻は動き始める。やはり男女関係というのは、時代が変われども不変的なテーマの様だ。

奥さんは身長180cm、体重120kgというキャラクター設定だから、当時の日本人女性の平均的なサイズと比較すると、ほとんどキングコング級と言ってもよい。このような誇大した表現も、アニメーションだから行うことが出来るものだ。

監督の政岡憲三は、アニメに没頭し、先祖代々の資産を生前にすべて使い果たした。先駆者と言うのは、このぐらいの心意気がないと大業をなしえないのだろう。

 

 

「バルセロナ・サロン・デル・マンガ」の現地リポート、次回も乞うご期待!

FEATURE!!

小野賢章・岸本卓也・早乙女じょうじが参加
12/13開演、Team Unsui第2回公演『カプセル』稽古レポ&インタビュー(後編)

小野賢章・岸本卓也・早乙女じょうじが参加
12/13開演、Team Unsui第2回公演『カプセル』稽古レポ&インタビュー(前編)

AKIBA’s GATE 声優養成所/新人声優特集
連載第2回(後編)
アプトプロ付属声優養成所/財満健太さん