FEATURE!!

FAVORITES

  • Top
  • 『僕は君を太らせたい!』2巻発売記念! 茸本朗さん(原作)と横山ひろと先生(作画)に、作品のつくり方や見どころを聞く

『僕は君を太らせたい!』2巻発売記念! 茸本朗さん(原作)と横山ひろと先生(作画)に、作品のつくり方や見どころを聞く

現在、「ビッグコミックスペリオール」(小学館)で好評連載中の漫画『僕は君を太らせたい!』をご存知でしょうか。原作を、人気ブログ「野食ハンマープライス」でお馴染みの野食家・茸本 朗さんが、作画を期待の新人・横山ひろと先生が担当する、異色のサバイバルグルメ漫画です。原因不明の感染症が広がり崩壊した世界で、愛する人を守り抜くこと=愛する人を太らせることと勘違いした男・木野耕一が、ヒロインの都田エリのために野食を駆使して極限状態を生き抜いていくというストーリーで、単行本1巻も好評発売中です。

そしてこの度、3月29日(金)に単行本2巻が発売されるということで、AKIBA’s GATE編集部は『僕は君を太らせたい!』の原作者・漫画家・編集者の3名に、漫画のテーマである「野食」やサバイバル知識から、原作付き漫画の制作手法、そして最新2巻の読みどころまで幅広く伺ってきました!

原作:茸本 朗(たけもと あきら)さん

野食家。1985年、岡山県生まれ。2012年に開設した人気ブログ「野食ハンマープライス」や、『野食のススメ-東京自給自足生活-』(星海社新書)などの執筆活動のほか、ビッグコミックスペリオール連載中の漫画『僕は君を太らせたい!』原作を担当。

漫画:横山 ひろと(よこやま ひろと)先生

漫画家。ビッグコミックスペリオール連載中の漫画『僕は君を太らせたい!』作画を担当。「横山ひろと初期短編集」(小学館)も電子書籍で販売中。

編集:一宮 大介(いちのみや だいすけ)さん

フリー編集者。大学を卒業後、編集プロダクション銀杏社に入社。講談社の単行本に関わる業務に携わった後、講談社の青年誌・イブニングに配属され雑誌業務を経験。その後2017年2月にフリー編集者となり、現在は小学館ビッグコミックスペリオール編集部に所属。

 

本日はよろしくお願いします。まずは、作品のテーマとして「野食」と「感染症が流行して荒廃した日本」とを組み合わせておりますが、このユニークな構想はどのようにして生まれたのでしょうか

茸本:まず野食についてですが、同じ「ビッグコミックスペリオール」で『たかが黄昏れ』を連載されている花沢健吾先生が、今の連載が始まる前に色々な体験をしたいという中で、アウトドアのガイドが出来る人間を探されていたんですね。その役目を僕が仰せつかりまして、みんなで何かを獲りに行って調理して食べるイベントを不定期にやっていて。

僕は「良く食べる、美味しく食べる」女性が好きで、僕が獲ってきたものを食べさせて、健康にスクスク横に大きくなってくれればいいなと。その会で今のような話をしていたら、一宮さんから「面白そうだから漫画にできないか」というお話がありました。それで、自分は絵を描けないので、横山先生をご紹介いただきました。

漫画の中で野食に詳しい人間しか出なかったら、読者が置いてきぼりになってしまうので、詳しくない人が欲しいし、やっぱり女の子も出てきてほしい。そこで、感染症というパンデミックを舞台装置として用意して、旅をしながらバラエティ豊かなものを食べていくストーリーを作ってみようかなと。

花沢健吾先生の『たかが黄昏れ』で潮干狩りをするシーンがありましたが、その会の経験が生かされていたのですね。『アイアムアヒーロー』も、パンデミックで荒廃した日本が描かれていました

茸本:僕も『アイアムアヒーロー』好きで、影響が無かったと言えば嘘になります。「困った時に自分の知識だけで生き延びられるのか」というのは常に興味を持っておりまして、実際に起こったらどうなるのかをシミュレーションする気持ちでストーリーを考えています。

 

ネタの出し惜しみはしない

–ありがとうございます。作画の横山先生は、こうした原作者さんがいる中で、ストーリーづくりに何か意見を出すことはありますか

横山:話の縦軸は茸本さんと一宮さんがしっかり作ってくださっているので、基本それをなぞりつつ、いかにハチャメチャにしていくかを考えて描いています。

–野食に関する知識は茸本さんが、それ以外のキャラ設定やストーリーを横山先生と編集さんが組み立てているのかと思っていたのですけど、実際はそうではないのですね

茸本:僕が大まかなストーリーラインは作りますが、自分が書いた原作をどう崩してもらえるかということを楽しみにしています。横山先生の魅力はギャグのテンポの良さだと思っているので、横山さんがうまく崩してくれて良いストーリーが出来ていると思っています。

話のつくり方としてはいくつかあって、登場人物たちは現在このあたりにいるだろう、というところから食材を探すのが一つ。逆に、この食材を出したいのでここを通ろうというのがまた一つあります。直近でいうと、今はだいたい東海道を行っているのですけども、小田原から熱海まわりにするか、箱根まわりか少し悩みました。結果的に箱根の方でストーリーが作れたのでそちらにしました。

ネタは出し惜しみしないという約束事があるので、「このネタでストーリーが作れるぞ」というネタを拾って、そこにルートを合わせることの方が多いかもしれないです。こういう食材の意外な使い方ができるとか、食材に限らず獲ったモノをこう使えるぞっていうストーリーが膨らんでから、場所とか他の設定をくっつけていく感じが多いですね。

–そういったストーリーや案を横山先生にお渡しする際に、コマ割り形式のネームではなく、シナリオライクに書かかれるのでしょうか

茸本:僕は本当に絵が描けないので、脚本として書いています。渡す素材が足りないと話の膨らましようがないと思うので、できる限りネタを入れて、1話につき大体3,000字前後の脚本をお渡ししていますね。そこから必要なところだけ採用してもらって、原作に無いギャグ要素も入れてもらっています。

横山:シナリオを文章でいただいて、そこから要素を抜き出して、さあここからどう動かすかな、みたいな。やることは決まっているので、あとはどう面白くするかっていう。

next 1 2 3 4

COMMENT コメント

CATEGORY INDEX

FEATURE!!

AKIBA’s GATE 声優養成所/新人声優特集
連載第3回(前編)
マウスプロモーション附属俳優養成所/
井上雄貴さん・田中貴子さん

声優ユニット・SPR5の1stアルバムリード曲
「アルキオネ」MV撮影現場に密着!

小野賢章・岸本卓也・早乙女じょうじが参加
12/13開演、Team Unsui第2回公演『カプセル』稽古レポ&インタビュー(後編)

RECENT

きゃにめ盤「五等分の花嫁 スペシャルイベントBlu-ray」早期予約キャンペーン第2弾解禁、「朗読台本」が追加

『からかい上手の高木さん2』京成曳舟駅コラボエリアに等身大の高木さん像が登場! 高橋李依登壇のオープニングセレモニーのイ…

令和初の『まついが』イベントでマウスプロモーションの人気声優が大激闘! 度胸やアート、頭脳バトルで栄冠に輝いたチームは?…

笠間淳、小林裕介出演の『DLsite がるまに』アニメーションCMが8/21より放送開始! キャストコメントも

増田俊樹も絶賛!『フラレガール』4巻、本日(8/20)発売

『SINoALICE』夏祭り生放送に立花理香、藤田茜らが浴衣姿で出演! 魔晶石900個配布も決定した放送を振り返り!!

PICK UP

令和初の『まついが』イベントでマウスプロモーションの人気声優が大激闘! 度胸やア…

新世代声優ヒロインプロジェクト『BATON=RELAY』制作発表会でメインキャス…

「Tokyo 7th シスターズ 5th Anniversary Live -S…

MonsterZ MATE、活動1周年記念ライブで新曲「千年愛」初披露! 銀河ア…

TVアニメ『上野さんは不器用』スペシャルイベント 春の不器用運動会、昼の部レポー…

petit miladyは次の時代へ! 悠木碧と竹達彩奈が全力で吠えた5th L…