FEATURE!!

FAVORITES

  • Top
  • [AJ2019]小倉唯と天城サリーがコスプレ姿で”恥ずかしい台詞”を披露! 映画『パンドラとアクビ』ステージレポート

[AJ2019]小倉唯と天城サリーがコスプレ姿で”恥ずかしい台詞”を披露! 映画『パンドラとアクビ』ステージレポート

タツノコプロと、人気ゲームアプリ『モンスターストライク』を展開するXFLAGがタッグを組むアニメ映画『パンドラとアクビ』のスペシャルステージが、2019年3月24日(日)、Anime Japan2019内のXFLAGブースにて開催された。ステージには、小倉唯(パンドラ役)と天城サリー(アクビ役)が、それぞれのキャラクターの衣装をまとった姿で登場した。

プロモーションビデオの上映の後にステージ上に姿を現した2人に大歓声が沸く。2人の衣装は劇場版仕様で、すべてスタイリストさんのハンドメイドというこだわりの逸品で、細かい部分まで凝ったつくりになっていた。

作品紹介のコーナーに入ると、まずは映画『パンドラとアクビ』の説明があり、『モンスターストライク』から誕生した、 好奇心旺盛ちょっとおっちょこちょいな女の子 《パンドラ》と、タツノコプロ制作による今年で放送50周年を迎えるTVアニメーション 『ハクション大魔王』に登場する、いたずら好きな大魔王の娘《アクビ》が夢のタッグを結成し、凸×凸(でこでこ)コンビが繰り広げる、新アニメPROJECTとのこと。映画は、前編「荒野の銃撃戦」と後編「精霊と怪獣の街」の2部構成で、4月5日から東京・EJアニメシアター新宿ほかで上映される。

続いてはキャラクター紹介に。小倉演じるパンドラは、好奇心旺盛でおっちょこちょいな性格の少女で語尾に「ドラ」がつくのが特徴的。天城演じるアクビは、普段はパンドラの身に着けるネックレスの中にいて、誰かがあくびをすると飛び出す魔人で、「アラピン・カラピン・スカンピ~ン!」という呪文を唱える少女だ。

作品とキャラ紹介が終わると、次はゲームコーナーに。お題の絵を描き、会場のお客さんに当ててもらえたらポイントがもらえるシステムで、当てたお客さんにはその絵にサインを入れてプレゼントという豪華な企画に、会場は一層熱を帯びる。小倉は「なまはげ」で正解者が出たが、天城は「織田信長」がお題のはずが「織田信成選手」を描いてしまい、小倉のポイントが先行する。第2問では天城が「キリン」、小倉は「浦島太郎」を的確なイラストで表現し、両者正解。

結果、小倉に高級デジタルトイカメラが贈られる一方、天城は罰ゲームとして恥ずかしい台詞を言うことに。妹属性とS属性と両極端なキャラクターボイスを披露した天城の姿を見た小倉は、先輩として自分も挑戦しなければという使命感から、中二病とデレデレ属性のボイスに臨む。マントを脱いで「天城さん、これが声優という仕事だよ」と気合を入れた小倉は、甘いセリフで観客席を酔わせた。

イベントの最後には、キャストから劇場公開に向けての意気込みが語られ、ステージの幕がおろされる…かと思いきやアクビちゃんが乱入し、来場者特典のアピールをした後にキャスト陣と記念撮影を行ない、今度こそ本当に幕をおろした。

©XFLAG ©タツノコプロ

FEATURE!!

AKIBA’s GATE 声優養成所/新人声優特集
連載第3回(前編)
マウスプロモーション附属俳優養成所/
井上雄貴さん・田中貴子さん

声優ユニット・SPR5の1stアルバムリード曲
「アルキオネ」MV撮影現場に密着!

小野賢章・岸本卓也・早乙女じょうじが参加
12/13開演、Team Unsui第2回公演『カプセル』稽古レポ&インタビュー(後編)