FEATURE!!

FAVORITES

  • Top
  • 制服姿の東城日沙子・井澤詩織が登場! 大盛況の『ワールドエンド・シンドローム』PR番組出張版レポート!![C93]

制服姿の東城日沙子・井澤詩織が登場! 大盛況の『ワールドエンド・シンドローム』PR番組出張版レポート!![C93]

top_world

top_world

2017年12月29日(金)〜31日(日)に東京ビッグサイトでコミックマーケット93が開催され、3日目のアークシステムワークスブースには、メインヒロインのキャラクターボイスを務める楠瀬舞美役の東城日沙子、甘奈未海役の井澤詩織が登場した。

『ワールドエンド・シンドローム』は、アークシステムワークスとトイボックスが再タッグを組んだ、新作恋愛アドベンチャーゲーム。PS4/Vita/Nintendo Switch用ソフトとして2018年発売予定で、キャラクターデザインに『BLAZBLUE』シリーズの加藤勇樹氏、シナリオは金沢十三男氏、音楽は新田高史氏が担当するなど、人気クリエイターが集結した期待作だ。

この日は、『ワールドエンド・シンドローム』の魅力を届けるPR番組「魅果町(みはてちょう) 町内放送」の冬コミ出張版が実施された。普段は夏の制服姿で放送しているが、”冬仕様”のベージュとネイビー・ブルーのカーディガンを着用して2人が登場すると、ブースは大きな歓声に包まれた。

img__1

おなじみの「こんにちワールドエンド・シンドローム!」という挨拶からスタートすると、まずはキーワードを基に作品を解説していく。1つ目のキーワードは「アークシステムワークス 恋愛アドベンチャー」ということで、乙女ゲームを久々に遊んだという東城と、日頃からボーイたちがラブするゲームを嗜んでいる井澤がアドベンチャーゲームについて語る。

%e3%82%b9%e3%83%a9%e3%82%a4%e3%83%88%e3%82%99__1img__24img__7

2つ目のキーワードは「海町 魅果町」。海町には事件やロマンスがつきもの(?)であるが、出張放送では魅果町の背景画像がいくつか紹介され、その美麗なグラフィックに感嘆の声が漏れた。

%e3%82%b9%e3%83%a9%e3%82%a4%e3%83%88%e3%82%99__3

ここで登場人物の紹介に入り、まずはメインヒロインの2人について。普段は低いトーンで喋る役が多いという東城は、明朗活発でさっぱりとした性格の舞美のようなキャラを演じる際に、自分のギアを1段上げて収録に臨んでいた模様。一方、ミステリアスで陰のある、「ミス研」部長・未海を担当する井澤も、馴染みがないキャラを務めるのにあたって、地声とは少し変えた芝居を披露しているようだ。また、ちょっとドキッとする2人のカットイラストも公開され、来場者の期待をあおった。

%e3%82%b9%e3%83%a9%e3%82%a4%e3%83%88%e3%82%99__4%e3%82%b9%e3%83%a9%e3%82%a4%e3%83%88%e3%82%99__5%e3%82%b9%e3%83%a9%e3%82%a4%e3%83%88%e3%82%99__6%e3%82%b9%e3%83%a9%e3%82%a4%e3%83%88%e3%82%99__7

そのほかにも、隣町から引っ越して来た謎の転校生・山田花子(CV:木戸衣吹)、プライドが高く世間知らずなお嬢様・神代沙也(CV:中恵光城)、主人公のクラス担任・山城香織(CV:沼倉愛美)、主人公の友人・麻木健介(CV:山谷祥生)といったキャラクターの説明もなされた。

%e3%82%b9%e3%83%a9%e3%82%a4%e3%83%88%e3%82%99__9%e3%82%b9%e3%83%a9%e3%82%a4%e3%83%88%e3%82%99__10%e3%82%b9%e3%83%a9%e3%82%a4%e3%83%88%e3%82%99__11%e3%82%b9%e3%83%a9%e3%82%a4%e3%83%88%e3%82%99__12

そして続いてのキーワードは「ミステリー」ということで、様々な事件が起こりそうな予感が漂うが、ミステリー大好きな井澤は「恋愛ADV」と「ミステリー」がどう絡むのか楽しみで、発売前から待てないようだ。最後のキーワードは「黄泉人伝説」。魅果町では100年に一度、死者が”黄泉人”として蘇ると云われており、町に禍(わざわい)をもたらす黄泉人は死者である自覚が無く、見た目も生者と区別がつかないという。果たして、この伝説が物語にどのような影響を及ぼすのだろうか―—。

img__13img__14

作品紹介が終わると、ゲームコーナー「お互いの気持ちをアドベンチャーしようゲーム」に突入。アドベンチャーというキーワードが出たこともあり、お互いの気持ちを探り合うため「XXといえば?」という質問に対してお互いの回答が合えば1ポイント獲得でき、5ポイント獲得するとチャレンジクリアというルールだ。なお、チャレンジ失敗した場合の罰ゲームも用意されており、ファンの前で「少し恥ずかしい台詞を生で言う」というもの。

img__26img__30

2人は罰ゲームを回避するため、「海の幸と言われて真っ先に思い浮かべるものは?」「恋愛を擬音で表すなら?」「冬のスポーツといえば?」「冬の食べ物といえば?」「冬の星座といえば?」「黄色い果物といえば?」「皆に遊んでほしいアドベンチャーゲームといえば?」といったお題に回答していき、見事チャレンジクリア!……したかに見えたが、会場のあちこちから「えー!」という声が上がったことにより、罰ゲームが実行されることに。

東城は恥ずかしさを隠すため、目の前を紙でガードして舞美のかわいらしい台詞を、井澤は未海の「もう少し……優しく……(ギュッ)」という台詞を動作付きで披露し、会場に集まったファンから嬌声を受けていた。

img__34img__31

全てのコーナーが終わると、最後に2人から「ありがとうございました! 良いお年を〜」と感謝の言葉が述べられ、「魅果町 町内放送」冬コミ出張版は幕を閉じた。なお、「魅果町 町内放送」は第3回までをアークシステムワークス公式YouTubeとニコニコ動画チャンネルにて配信中で、本年1月26日(金)に第4回を配信予定となっている。

 

(C) ARC SYSTEM WORKS/TOYBOX lnc.

COMMENT コメント

CATEGORY INDEX

FEATURE!!

interview_mat_eyecatch

AKIBA’s GATE 声優養成所/新人声優特集
連載第1回
WAHO學院(EARLY WINGグループ)/松永一輝さん

interview_tati4_eyecatch

AKIBA’s GATE 立花理香さん特集
連載第4回「アイドル」について

interview_tati3_eyecatch

AKIBA’s GATE 立花理香さん特集
連載第3回「モーションキャプチャー」について