FEATURE!!

FAVORITES

  • Top
  • 特集
  • ライブ配信アプリ「ミクチャ」の公式番組「RAB ESPICEのうぇうぇコヨトル」を密着取材!AKIBA’s GATE独自の番組収録前インタビューも掲載!(後編)

ライブ配信アプリ「ミクチャ」の公式番組
「RAB ESPICEのうぇうぇコヨトル」を密着取材!
AKIBA’s GATE独自の番組収録前インタビューも掲載!(後編)

RAB ESPICEの今に密着!

── 2019年にRABに加入し、憧れだった先輩方とパフォーマンス活動をしていく中で、加入当初からどのような変化がありましたか?

ゾマやかじゃない!:加入した当初は、新メンバーとオリジナルメンバーの間で、壁のようなものがあったかもしれないけれど、最近はお互いに素を出せるようになってきているなって思います。

とぅーし:日常会話がふざけてばかりだよね(笑)

ゾマやかじゃない!:「RAB ESPICE」を結成してからは、活動の幅が広がって、さらにメンバー各々の成長を実感することがあります。それに「RAB」の活動でも、各々の役割が増えてきたと思いますね。

ネス:加入当初は、お互いに違う方向を向いていたっていう感じだったんですけど、今はお互いに信頼しあって、自然と役割分担できるようになりました。

── 皆さん、「RAB」への加入前はライバル同士でしたよね。

ゾマやかじゃない!:そうですね。「RAB ROOTS(涼宮あつき、けいたん、DRAGON、ムラトミ、マロンの5人)」は、もともと仲の良い間柄でグループを組んで活動していたんです。対して僕たち「RAB ESPICE」は、メンバー各々がオーディションなどを経て、ユニットになったっていう成り立ちなので、グループの出来上がり方が全然違いました。

とぅーし:まずは、お互いの足並みを合わせるところからスタートする感じでした。
「RAB ESPICEのうぇうぇコヨトル」が始まってからは、番組を通して「RAB ESPICE」のメンバー同士で、より深く話し合うことができているので、本当にいい経験になっているなと思います。

ネス:お互いの好きな食べ物とか、そういう些細なことを知れるっていうのは、番組をやっているからできていることだよね。

── アニソン×ダンスをテーマに、パフォーマンス活動をされていますね。いままでで印象に残っている「踊ってみた」は何ですか?

とぅーし:僕は、最近の動画だと、「立ち上がリーヨ」っていう動画がおすすめです。動画の監督を、「RAB」のメンバーのあつきさん(涼宮あつき)がやっていて、あつきさんの魅力が詰まった演出がたくさんあるので、すごく楽しかったです。

僕達サッカーで日本一目指します

ゾマやかじゃない!:撮影している間ずっと楽しかったよね(笑)

とぅーし:動画も面白く仕上がっているので、ぜひ見て欲しいです。

ゾマやかじゃない!:僕はやっぱり、「夜に駆ける」ですね。夜の幻想的な秋葉原を舞台に、ダンスを踊った時の景色が、今もすごく印象に残っています。動画もたくさんの方に見ていただいているので、本当に嬉しいです。

夜の秋葉原で『夜に駆ける』踊ってみた/YOASOBI

ネス:動画のシーンを色々な視点から考察されたり、ファンの皆さんに様々な楽しみ方をしてもらえているので本当に嬉しいです。

── 同期として共に歩んできた皆さんで、お互いに尊敬しているところや好きなところはありますか?

ゾマやかじゃない!:ネスは、どんな相手にも、ちゃんと自分の意見を言えるところを尊敬しています。例えば、「RAB ROOTS」の先輩方が作ってきた振付けに対して、「ここの振りはこうした方がいいんじゃないか」みたいなアドバイスをするとか。僕にはあまりできないことなので、すごいなと思っています。
とぅーしは、振付けを作る時に音の取り方が上手だなって思います。すごく独特な振りなんだけど、それをちゃんとダンスに落とし込むんですよね。

とぅーし:ゾマさんは、状況を把握する能力が高いなって思います。なにか仕事があるたびに、いち早く手をかけているんですよ。今回のインタビューが決まった時も、率先して僕ら二人をリードしてくれて。周りを見る力がすごいなと思います。
ネスは、自分に対する向上心と、そこで培ったものをダンスに昇華させていくっていう視野の広さがすごいなって思います。

ネス:YouTubeとかで、海外のラッパーがかっこいい仕草をしているのを見て、「かっこいいなー、この仕草ダンスに活かせそうだな」みたいに思うことはありますね。
自分と違う環境で育ってきた人たちの、文化を知るのが好きですね。そういうところから得た教養を、どうやって自分の人生に活かせるかっていうところが楽しみになっています。

ネス:俺は、まず二人とも天才だと思っているんです(笑)ゾマさんは、本当に俺ができないことを全部できる人です。ゾマさんは、頭に口があるのかって思うくらい、面白いことを反射みたいにバッて出せるんですよ(笑)さらに言うと、俺ととぅーしのような個人主義の人間を、よくまとめてくれています。
さっき、とぅーしが言っていたように、周りの状況を見ながら行動できるメンバーって、ゾマさんだけだと思いますね。
とぅーしは、天才だからこそもっと自分を出せばいいのになって思いますね。とぅーしのアイデアは全部面白いのに、まだやらないのかなって思うことが多くて。

ゾマやかじゃない!:確かに、ネスは実行する天才だけど、とぅーしは発想の天才みたいなイメージがあるなあ。

とぅーし:考えてから、行動に移すまでの自信があまりないのかもしれない。

── とぅーしさんがソロで出演されている、踊ってみた動画の「ヒトガタ/HIMEHINA」は、振り付けや表現がかっこいいだけではなく、カメラワークも含めて魅力的な動画ですよね。

とぅーし:あれは、iPhone 6sで撮影しました(笑)iPhoneを地面において、自分で撮影して、編集で動かしています。

【RAB】ヒトガタ/HIMEHINA【とぅーし】

ネス:やっぱり、そういうことをやっているのは、「RAB」の中でとぅーししかいないです。
「RAB」で誰もやってないことを最初に思いつくんだけど、形になっているのが1/10もないんですよね。とぅーしは天才なので、何でもやればいいなと思いますね。

── 「RAB」では、いつもアキバのオタクファッションで活動されていますよね。番組内やファンクラブ限定コンテンツでは、私服姿のこともありますが、好きなブランドや服はありますか?

ゾマやかじゃない!:僕はアディダスが多いです。

ネス:俺もアディダスが好きなんですけど、最近はラコステが好きですね。

とぅーし:僕は、ファッションセンスに自信がなくて(笑)事務所からもらった服を毎日着ています。

ネス:あとは、僕らの衣装を作ってくれているブランドの、「R4G」さんの服をヘビロテしていることが多いですね。

とぅーし:R4Gさんの服は毎日着ています。

── 皆さんの夢の一つとして、「アニメ化」を目標とされていますが、こんな形で叶えたいというような具体的な夢はありますか?

ゾマやかじゃない!:僕たちが大好きなアニメ制作会社さんにやってほしいっていう思いがありますね。そして欲を言えば、神作画で作っていただきたいです(笑)

とぅーし:そして、憧れの声優さんに演じてほしい(笑)

ネス:アニメ化したら、イケボになりたいね。

とぅーし:キャラクターデザインは、我らがマロンさんにやってほしいな。

ゾマやかじゃない!:関係者の皆様、何卒よろしくお願いいたします!(笑)

── 今後の「RAB ESPICE」は、どんなことにチャレンジしていきたいですか?

ゾマやかじゃない!:3人でこれにチャレンジしたいねって話していたのが、「RAB ESPICE」のグッズを作ったり、「RAB ESPICE」でアパレルブランドを立ち上げることにチャレンジしたいです。
いつか、僕たちが3人で考えたものを形にして、ファンの皆さんにお届けできたらいいなと思っています。

── 結成14周年を迎え、15年目に突入した「RAB」ですが、今後の活動に対しての意気込みや抱負をお願いします。

ネス:「RAB」で今一番頑張っていることはYouTubeなので、まずはチャンネル登録者数100万人を目指していきたいです。今後の意気込みとしては、手に届くところまで僕たちの夢が近づいてきているので、15周年のタイミングで、武道館でのワンマンライブを実現できたら、すごくドラマチックだなって思います。

── この記事を読んで、「RAB ESPICEのうぇうぇコヨトル」と「RAB ESPICE」の皆さんに興味を持っていただいた読者の皆さまへ、メッセージをお願いします。

ゾマやかじゃない!:初めて僕らの事を知ってくださった皆さんが、僕らを通じてアニメなどのアキバカルチャーに興味を持ってもらえて、さらに僕らを入り口にして「RAB」を知りたいと思ってもらえると嬉しいなって思います。皆さんよろしくお願いします。

ネス:インタビューでは、真面目にしゃべらせてもらいましたが、普段番組でやっていることは、180度違って面白いことや楽しいことをやっています。ぜひ番組を観ていただいて、一緒に笑ってほしいです。「RAB ESPICEのうぇうぇコヨトル」を機に、僕たちの色々な活動を見ていただければ嬉しいなって思います。

とぅーし:今回のインタビューでは「RAB ESPICE」として、お話しをさせていただいたんですけれど、僕らはやっぱり、「RAB」というチームで活動しているので、そちらの応援もしていただきたいなと思っています。僕たちの夢の「武道館でのワンマンライブ」が、本当に目前まで来ているので、皆さんと一緒に歩んでいけたら大変嬉しく思います。

 

── 本日はありがとうございました!

 

ミクチャ

株式会社DONUTSが運営する、スマートフォン1台でライブ配信・視聴や動画編集・投稿などが出来るコミュニティアプリ。2013年12月より運用を開始し、国内累計1,700万ダウンロードを突破。

 

RAB(リアルアキバボーイズ)

レペゼン秋葉原のアニソンダンスパフォーマー「リアルアキバボーイズ」! 2006年結成以来、アニソンでダンスを踊り続けるやいなや、日本テレビ「スタードラフト会議」に度重なる出演をきっかけにブレイクしメジャーデューを果たす。 その後ニコニコ動画・YouTubeなどの動画投稿サイトに投稿した踊ってみた動画は軒並み数十万再生以上を連発。そんなアニメをこよなく愛する彼らの夢は「アニメになること」。アニメが好きで“アニメみたいな”人生を送りたい、自らがアニメになるために踊るオタクが目指す場所はただひとつ『日本武道館』。この夢を叶えるべく、日々挑戦し続けます。
メンバープロフィール:http://abstreem.co.jp/RAB/members

 

RAB ESPICE

2019年にRAB(リアルアキバボーイズ)へ加入した新メンバー3人によるフレッシュなユニット。
「タット」と呼ばれる腕を使ったダンスの世界トッププレイヤーであるネス、様々なジャンルを高い水準で踊りこなし、芸術家としての一面を持つとぅーし、小さい体から高難易度の技を使いこなすゾマやかじゃない!。オールラウンドなブレイクダンスを残しつつ、RABになかったジャンルや個性で新しい風を吹かせる。

 

前のページへ

– ライブ配信アプリ「ミクチャ」の公式番組「RAB ESPICEのうぇうぇコヨトル」を密着取材!AKIBA’s GATE独自の番組収録前インタビューも掲載!(後編)

prev 1 2

FEATURE!!

人気声優が語る、ペットとの日々
第1回・井澤詩織さん

花ふるコロニーロット ~26歳OL、
ガーデニング男子に弟子入りする~配信記念
蕃茄なずな役・茅野愛衣さんインタビュー

花ふるコロニーロット ~26歳OL、
ガーデニング男子に弟子入りする~配信記念
遠野樹役・小野友樹さんインタビュー