FEATURE!!

FAVORITES

  • Top
  • 9/30放送、実写ドラマ『漫画として現れるであろうあらゆる恋のためのプロレゴメナ』稲葉順一監督インタビュー

9/30放送、実写ドラマ『漫画として現れるであろうあらゆる恋のためのプロレゴメナ』稲葉順一監督インタビュー

窓ハルカさんによる漫画『漫画として現れるであろうあらゆる恋のためのプロレゴメナ』の実写ドラマが、9月30日(月)にBSフジにて放送されます。

主人公の成田香澄役を中川梨花さん、池尻宝介役を杉尾翔太さん、稲葉真琴役を菜月さん、ドラマオリジナルキャラクターである白銀珠美役を声優M・A・Oとしても活動中の市道真央さんが演じ、ナレーションを山田ルイ53世さんが担当します。実写に加えてアニメーションで表現されるアイキャッチも楽しい新感覚な作品となっている。

今回、AKIBA’S GATEでは、このドラマの監督である稲葉順一氏へ独占インタビューを敢行しました。いったいどんな話が飛び出すのでしょうか。

– まずは今作をドラマ化したいと思ったきっかけから教えてください。

たまたまなんですよ、きっと。元々前回の「3人の若い女」を映像化する前に企画が上がったのですが一度流れて…。今回もいくつか企画が上がったのですが着地まではいかずで、その時前回に上がった「漫画として~」をやりたいなと思い、窓さんと連絡を取って進めた感じです。

– 原作を読まれた際の印象はいかがでしたか。

いい意味でやっつけ感もあり勢いあるなぁと。あと、女の子が可愛いですね(笑)。窓さんの中では長編だと思います。本質は素敵な恋愛漫画かなと。

– 監督は以前インタビューで、窓ハルカさんの作品には岡田あーみん氏(代表作:『お父さんは心配症』)の風味があると仰っていました。私も『こいつら100%伝説』が大好きで、確かに仰る通り絵のタッチや笑いの勢いなどに感じ取ることができます。予告映像でも登場人物が屋根を突き破るなどアニメタッチの演出がなされていますが、今作のドラマはコメディ色が強くなっているのでしょうか。

どうなんですかね。たぶんコメディ感は増していると思いますが画作りは地味なほうかなと…。ドラマは原作漫画の1話-2話をベースに構成していて詰め込んだ感があると思いますが、テンポはいいのかなぁと。最後はほっこりして頂けると思います。

— アニメーションのアフレコ演出・音響監督と、実写作品の監督とでは演出の仕方も変わってくると思うのですが、実写化作品を作るうえで大切にされていることはありますか。

アニメ現場では音響周りの仕事をしています。台詞・効果・音楽等のまとめ役ですが、基本的に監督の音のサポート係ですね。実写は企画からロケもあり納品までなので、全部を濃密にまた俯瞰で見ていると思います。どちらもおもしろいですが実写は朝が早いのがつらいですね(笑)。

― 中川梨花さん、杉尾翔太さん、菜月さんをキャスティングされたポイントと、実際に撮影してみての印象をお伺いできますか。

キャスティング担当と候補を出し合い、顔合わせとオーディションを行い決めさせて頂きました。本読みの時、直感でこの3名の組み合わせいいなぁ、おもしろいなぁと思ったのをよく覚えています。もちろん本番撮影でもよかったです。とても助けられました。

-今回のドラマ化にあたり、主人公の担当編集としてオリジナルキャラクターの白銀珠美が登場します。彼女はどういった人物で、作品にどのような彩りを加えているのでしょうか。

キッカケはスタッフとの打合せの際、1人オリジナルキャラクターを入れようかと話したことでした。原作の2話に出てる編集担当とかいいかもねと。主人公が出版社に漫画を持ち込む重要なシーンですし、オリジナルキャラクターを登場させインパクトのあるシーンを作りたかったので、また市道真央さんにお願いしました。クールというか、つっけんどんなキャラ?ですがとても上手く演じて頂いて大満足です(笑)!

– そしてナレーションは、『ぐるぐるナインティナイン』や『今夜一杯どうですか?』などでもナレーションに定評のある山田ルイ53世さんが担当されています。彼の印象についてもお聞かせください。

山田ルイ53世さん、出演して頂きうれしかったです。スタッフからの提案を受け、是非に!との流れになりました。実際、スタジオでナレーションを録らして頂いたのですが、いい声、艶があるなぁ…と。

― 最後に、この作品をご覧になる方へメッセージをお願いします。

また窓ハルカさんの作品を実写ドラマ化させて頂きました。今回はちょっとした下ネタもありですが(笑)、可愛らしい恋愛模様を描けたかと思います。原作も中毒性があるので一緒に読んでもらえると嬉しいです。ドラマ、是非、観てください!

+++作品情報+++

▼放送予定
BSフジ 2019年9月30日(月) 24:00~24:30

▼概要
新進気鋭の漫画家・窓ハルカ原作の『漫画として現れるであろうあらゆる恋のためのプロレゴメナ』が実写ドラマ化!主人公の成田香澄(陰キャ漫画家志望)役を中川梨花、池尻宝介(下ネタ全開地雷男)役を杉尾翔太、稲葉真琴(心無き隣人)役を菜月、ドラマオリジナルキャラクターである白銀珠美(サブカル女編集者)役を市道真央が演じ、ナレーションを山田ルイ53世(髭男爵)が担当する。実写に加えて、アニメーションで表現されるアイキャッチも楽しい新感覚な作品をお届け!!

▼あらすじ
神宮寺ウェンディこと成田香澄は漫画家を目指す26歳。同じく夢を追う仲間とシェアハウス中。
極度の男性嫌いな彼女が出会ったのは、明らかに普通じゃない青年・池尻宝介。
水と油な二人の関係はどんな結末を迎えるのか…!
異才・窓ハルカが贈る、予測不能で説明不要なハイテンションラブコメディ!!

▼キャラクター
成田香澄(なりた かすみ)
男性嫌いの漫画家志望。漫画家を目指す仲間とシェアハウスしている。
ペンネームは神宮寺ウェンディ。
男性や男性器を虐げる漫画ばかり描いている。
自分の漫画のことしか考えていない。

池尻宝介(いけじり ほうすけ)
爽やかだが童貞をこじらせているオタク大学生。
下ネタやギャグを好むがすべりがち。
根が真面目。

稲葉真琴(いなば まこと)
成田香澄の同居人で漫画家志望。
池尻の後輩の彼女。
冷静な言動をする。

白銀珠美(しろがね たまみ)
神宮寺ウェンディ担当編集者。
サブカルチャー全般に造詣が深く、愛あるあまり厳しいアドバイスも…。

▼CAST & STAFF
成田香澄役:中川梨花
池尻宝介役:杉尾翔太
稲葉真琴役:菜月
白銀珠美役:市道真央
ナレーション:山田ルイ53世(髭男爵)
原作:窓ハルカ 「漫画として現れるであろうあらゆる恋のためのプロレゴメナ」(リイド社刊)
脚本:江戸秀州
音楽:堀田星司
監督:稲葉順一
製作:ROSENFILM

©2019 窓ハルカ/リイド社・ROSENFILM All Rights Reserved.

FEATURE!!

AKIBA’s GATE 声優養成所/新人声優特集
連載第3回(前編)
マウスプロモーション附属俳優養成所/
井上雄貴さん・田中貴子さん

声優ユニット・SPR5の1stアルバムリード曲
「アルキオネ」MV撮影現場に密着!

小野賢章・岸本卓也・早乙女じょうじが参加
12/13開演、Team Unsui第2回公演『カプセル』稽古レポ&インタビュー(後編)