FEATURE!!

FAVORITES

  • Top
  • 伊藤静、徳井青空、石踏一榮が胸の内、おっぱいの内まで語った『ハイスクールD×Dスペシャルステージ』の模様をお届け‼

伊藤静、徳井青空、石踏一榮が胸の内、おっぱいの内まで語った『ハイスクールD×Dスペシャルステージ』の模様をお届け‼

10月21日(日)、東京・ベルサール秋葉原にて開催された『ファンタジア文庫大感謝祭2018』にて『ハイスクールD×Dスペシャルステージ』が行われ、伊藤静(姫島朱乃役)、徳井青空(九重役)、原作者の石踏一榮が登壇した。本稿では、TVアニメ放送終了後だから話せる胸の内、おっぱいの内が語られたトークステージの模様をお届けする。

歓声の中ステージに石踏が迎えられると続いて伊藤、徳井の番となったのだが、ここで『ハイスクールD×D』恒例の呪文で呼び込むことに。会場全体の「召喚(サモン)、おっぱい」の声に応えて2人が登場すると、伊藤は色気たっぷりに「皆さん召喚してくださってありがとうございます」、続けて徳井も元気いっぱいに「今日は京都から秋葉原にやってきたのじゃ!」とキャラクターに合わせて挨拶をし、会場は早くも興奮に包まれた。

最初のコーナーは『ハイスクールD×D HERO名場面プレイバック』と題して、アフレコ時のエピソードや執筆時の思い出が語られた。life.00の「体育館裏のホーリー」はAパートでのシリアスなバトルが一変、Bパートでは「おっぱいドラゴンの歌」が始まるという『ハイスクールD×D』を象徴する回となっているが、初めて見た時を振り返り徳井は「これがハイスクールD×Dの世界か」と感動したと語った。また伊藤は「おっぱいドラゴンの歌」が好きすぎて自身のライブで歌唱したというエピソードを明かすと、会場全体から驚きの声が上がった。

最終話の「学園祭のライオンハート」は熱い男同士のバトルが描かれおり、イベントに合わせて行われた『アニメ神回コンテスト』でも1位になった回。石踏は格闘技界でも伝説となった高山善廣vsドン・フライ戦をモデルにして書いたと明かし、スタッフと映像を見ながら作りあげたエピソードを披露しながら「みんな良いものを描いてくれた」と感謝を述べていた。伊藤が「なんだかんだ熱いシーンがみんな好きですね」と言うと、徳井も「おっぱい目的だけでなく熱いところもある、バランスの良さが支持されているのですね」と作品の魅力を語った。

続いては『D×Dへの本音をドレスブレイク』と題して、石踏からの質問に答える形でキャストの思いを語るコーナー。「シリーズの中で一番のお気に入りシーンはどこ?」という問いに、伊藤は一誠が朱乃のお父さんとの確執を解いてくれるシーン、徳井は九重と母親が再開するシーンとそれぞれが演じるキャラクターの印象深い場面を挙げた。また徳井はアイキャッチで九重も脱がされていたことに触れ、「自分のキャラでも、この作品に出るからにはおっぱいを出して欲しかった」といい、見たときはテレビの前で拍手をしていたと興奮気味に語り会場の笑いを誘っていた。

原作者の石踏を前に「今後どんなシーンを書いて欲しい?」という質問では、伊藤の「久々に朱乃さんの熱いバトルが見たい」という言葉に、石踏は「(現在執筆中の)真ハイスクールD×D2巻では活躍しているので是非」と返すと、伊藤や会場からは期待の声が上がった。徳井は「九重がまた一誠に会う機会が欲しい」と言うと、原作では既に同じ学校に通いヒロインとして活躍しており、今後また京都編も書く予定があるとの言葉に嬉しそうな笑顔を見せていた。

イベントも終盤となり原作やアニメなどの告知があると、最後に登壇者3人から挨拶が行われ、作品や本イベントへの感想が述べられた。

「あっという間ですね、おっぱいの話は尽きません。これからも皆さんとおっぱいの話で盛り上がりたいので、おっぱいへの熱い応援を宜しくお願いします」(伊藤)

「他ではこんなにおっぱいおっぱい連呼してはいけないと思っていたので、オフィシャルでおっぱいの話が出来る場があるのは貴重で、新鮮で楽しかったです」(徳井)

「おっぱいしか言ってないイベントでした。アフレコ現場でも笑いながら申し訳ないなと感じていますが、これから10年後、20年後も書き続けていきます!」(石踏)

■TVアニメ「ハイスクールD×D vol.4」Blu-ray&DVD情報
発売日:2018年10月24日(水)
Blu-ray:本体価格:9,000円(+税)
DVD:本体価格:8,000円(+税)

<初回生産特典>
①キャラクターデザイン・うのまこと描き下ろしデジパック
②スペシャルクリアケース
③原作・石踏一榮書き下ろし小説「ハイスクールD×D 0」④付きスペシャルブックレット
④アイキャッチイラストカードセット
⑤おっぱいカウントダウン応援イラスト複製ミニ色紙④

©石踏一榮・みやま零/株式会社KADOKAWA刊/ハイスクールD×D HERO製作委員会

FEATURE!!

AKIBA’s GATE 声優養成所/新人声優特集
連載第2回(前編)
アプトプロ付属声優養成所/財満健太さん

AKIBA’s GATE 声優養成所/新人声優特集
連載第1回
WAHO學院(EARLY WINGグループ)/松永一輝さん

AKIBA’s GATE 立花理香さん特集
連載第4回「アイドル」について