FEATURE!!

FAVORITES

  • Top
  • Tokyo 7th シスターズ 2Daysの4th Anniversary Liveを幕張メッセにて開催! 2日目公演も大熱狂!

Tokyo 7th シスターズ 2Daysの4th Anniversary Liveを幕張メッセにて開催! 2日目公演も大熱狂!

iOS/Android向けアイドル育成リズム&アドベンチャーゲーム・Tokyo 7th シスターズが、2018年10月20日(土)・21日(日)に幕張メッセイベントホールにて4th Anniversary Live『Tokyo 7th シスターズ 4th Anniversary Live -FES!! AND YOUR LIGHT- in Makuhari Messe』を開催した。Tokyo 7th シスターズは今年7月20日に日本武道館のでメモリアルライブを超満員の大成功で終了したばかりで、その勢いの冷めない内に開催された4thライブでも約1万2千枚のチケットをソールドアウトさせ訪れたファンである支配人達を熱狂の渦で満たした。

「Tokyo 7th シスターズ」は西暦2034年の“アイドル氷河期と呼ばれる時代”に、次世代アイドル劇場型スタジオ『スリーセブン(通称ナナスタ)』の二代目支配人となり、新たなアイドルを育てプロデュースしていくゲーム。今回の2Daysライブには2日合わせて全てのユニットが出演し、4周年を経たナナシスの集大成と言える白熱のライブ繰り広げた。ここでは2日目の21日(日)の模様をお届けする。

開演を待ち騒めく会場内に、前日同様会場諸注意アナウンスとしてセブンスシスターズの若王子ルイ(CV:川﨑芽衣子)の声が流れ出す。基本的な内容は前日と同じだが、前日と違いこの日はセブンスの出演予定は無いことに触れ、そのことについて「まてよ……出演者ほとんどのユニットは私達セブンスシスターズの後輩とも言える子アーティスト達だ…もしかしたら?」と、何やらサプライズを匂わせる。ルイの思わせぶりな言葉にどよめく中アナウンスが終わると、場面はオープニングムービーへと移る。青空が表示されるとそのまま777☆SISTERSが登場しついに2日目のライブの幕が上がった。この日のライブもナナシスお馴染みの生バンドによる迫力満載の生演奏をバッグにしたもので、開幕の1音目からライブが最高に熱いものになることを確信させてくれる。そんな中で披露された1曲目は10月10日(水)にリリースされたばかりの新曲『MELODY IN THE POCKET』だ。日本武道館で開催されたメモリアルライブのアンサーソングでもある『MELODY IN THE POCKET』は、日本武道館での熱いステージングを思い出させてくれつつも、さらに飛躍しようとするメンバー達の意志がしっかりと感じられるものだった。次に披露されたのは『STAY☆GOLD』・『Snow in “I love you”』だ。前日は『Cocoro Magical』が披露された枠で披露された『Snow in “I love you”』では『Cocoro Magical』と同じようにトロッコが登場。まだ季節は秋口だが、会場中をトロッコで巡りながら笑顔の雪を降り積もらせ、前日とはまた違ったライブになることを会場中に知らしめた。シングル『MELODY IN THE POCKET』のジャケットをモチーフにした、純白の中に青のポイントが入った衣装を身に纏った777☆SISTERSは、こうして開幕を見事に飾ってくれた。

楽曲が終わると自己紹介を兼ねたMCを挟んで次のユニットのステージへ。この日次に登場したのはThe QUEEN of PURPLEだ。登場しての1曲目はまさかのセブンスシスターズのカバー楽曲『PUNCH’D RANKER』だ。会場前のアナウンスで若王子ルイが言っていたのはこのことだったのかと早速納得させられる。ナナシス世界でQOPに多大な影響を与えたセブンスの初期楽曲は、新たな解釈を加えられカバーとは思えない程QOPの色に染まっており、サプライズであることを抜きにしても最高潮に盛り上がるステージとなった。続けて『Clash!!!』と『Fire and Rose』をクールかつパンキッシュにぶちかまし、4thライブの記念すべきステージを記憶に焼き付けていった。

QOPのステージの後にはKARAKURIが登場した。KARAKURIのライブへの登場は2ndライブ以来の実に2年ぶり。ダンサー二人を引き連れてエレクトロな世界観をステージ上に作り出したKARAKURIは、まず『Winning Day』と『AMATERRAS』を披露。ライブ初披露となった2曲は熱い歓声を持って支配人達に迎え入れられ、久々の登場とは思えないほどの盛り上がりを見せる。そして後半は『B.A.A.B.』と『-Zero』の2曲だ。『B.A.A.B.』ではトロッコにのって会場中を巡りながらキャストである秋奈が熱唱し、KARAKURI独自の世界観を幕張に響かせた。アーティスト性の強いKARAKURIは、スキャットが多く披露されたりと、他では味わうことの出来ない緊張感に満ちたアートでありつつもエンターテイメントなステージを繰り広げてくれた。

KARAKURIが退場すると次は片想いユニットCi+LUSの登場。まだライブ出演2回目のCi+LUSは『アイコトバ』から『シトラスは片想い』を披露。あざとさと純真さを持った二人のキャラクターによるCi+LUSのステージでは、2人が存分に笑顔を振りまきとにかくキュートだ。会場からは悲鳴にも似た大歓声が度々巻き起こり、愛嬌満載のCi+LUSのステージは新米ながらも、もはや支配人達にとってナナシスに無くてはならない物になっていた。

Ci+LUSに続いて登城したのははる☆ジカ(ちいさな)だ。春日部ハル(CV:篠田みなみ)と晴海カジカ(CV:高井舞香)によるこの臨時ユニットはもはやライブではお馴染み。ステージ後方から登場しトロッコで会場を巡った『SHAKE!!~フリフリしちゃえ~』では、曲中に「元気ですかー!?」と支配人へ元気な問いかけが入り、『ハネ☆る!!』では曲名通り縦横無尽にステージをかけまわりと、存分にその世界を披露してくれた。曲間のMCで紹介された新衣装も、高井がMC中に言葉にした通り「フリフリしろと言わんばかり」のアイテムが満載で、ステージの盛り上がりに一役買っていた。

はる☆ジカ(ちいさな)後はとうとう新ユニットCASQUETTE’Sの登場だ。CASQETTE’Sは10月3日(水)にCDデビューしたばかりのユニットで、当然ライブにも初登場。今回のライブにCASQUETTE’Sを楽しみに訪れていた支配人達も多いことだろう。披露したのは『SHOW TIME』からMCを挟んでの『マスカレード・ナイト』だ。今までのナナシスには無かった大人でゴージャスさを感じさせる世界観はライブでもその魅力を損なうことなく発揮され、また一つナナシスに新たな魅力がプラスされた。MCでは初めましての自己紹介を兼ねたMCが展開され、4人の個性が爆発してなんとも賑やか。曲中ではシングルのジャケットをモチーフにした衣装に加えてキャスト4人がステッキを手に歌い踊り、キャラとしてだけでは無くキャストとしてもCASQUETTE’Sが支配人達に迎えいれられたことが感じられた。

続いてはLe☆S☆Caの登場で、『ひまわりのストーリー』・『タンポポ』・『Behind Moon』・『YELLOW』の4曲を披露。前日に『トワイライト』が披露された枠で披露された『Behind Moon』では切なさ満載のステージングを披露する3人。Le☆S☆Caは爽やかな楽曲ばかりでは無く、こうした切ない楽曲もユニットの大きな魅力であると再確認できた。彼女等のメリハリの効いたステージングは、盛り上がるだけがライブでないことを支配人達に改めて示し、静かな感動と爽やかな気持ちで会場中を満たした。

続いては777☆SISTERS派生ユニットのステージで、前日には登場しなかったサンボンリボンとWITCH NUMBER 4が順に登場した。サンボンリボンは『14歳のサマーソーダ』・『セカイのヒミツ』を披露。サーカス団員を思わせるような新衣装で、3姉妹の息ぴったりのコンビネーションを見せてくれた。曲間のMCが、ほぼ練習の後に食べようと思っていたアイスが練習後には溶けてしまっていたという話だけで終わってしまったのも、なんともサンボンリボンらしかった。

WITCH NUMBER 4は『SAKURA』と『星屑☆シーカー』を披露。1曲目からキラーチューン『SAKURA』を持って来て、会場のテンションはバラードながら一気に最高潮に。踊るたびに揺れる手首のリボンもなんとも幻想的であった。

そして舞台はライバルユニットへと色を変える。ムービー後ポップアップから4Uが登場し、4人目のメンバー達と共に4Uが高らかにロックをかき鳴らした。登場は前日同様のポップアップからで、全員ハートのサングラスに加えて佐伯ヒナ(CV:長縄まりあ)は手にドーナツを持っていたりと4Uらしいコミカルさ全開だ。立て続けに『Crazy Girl’s Beat』・『TREAT OR TREAT?』・『パフェ・デ・ラブソング』を披露。『パフェ・デ・ラブソング』はドラムの佐伯ヒナ(CV:長縄まりあ)をフィーチャーした楽曲で、ドラムを叩きながら歌う彼女へと自然と視線が集まる。MCを挟んで後半は『プレゼント・フォー・ユー』・『Lucky☆Lucky』だ。『プレゼント・フォー・ユー』ではラスサビでスクリーンに歌詞が表示され支配人達の大合唱が起こったり、『Lucky☆Lucky』では会場中からお馴染みの「ラッキラ!」の大合唱が自然に沸き上がったりと、後半戦ながら疲れを感じさせない会場中が一体となり大きく揺れる熱い一幕となった。

そしてライブは終盤戦へ。ムービーを挟んで777☆SISTERSが再登場してラストスパートとして『KILL☆ER☆TUNE☆R』・『僕らは青空になる』・『FUNBARE☆RUNNER』を披露。前日『H-A-J-I-M-A-R-I-U-T-A-!!』が披露された枠では演奏された『僕らは青空になる』では、会場に見事な青空が再現されたような気さえし、「僕ら」というのが彼女達のみでは無く支配人を含んだものであることが実感できるステージとなった。ラストの『FUNBARE☆RUNNER』は前日同様トロッコに乗ってメンバー達が会場中を巡っての披露となったが、ライブは生もので前日と同じ所など何一つ見当たらない。キャスト達が全力で歌い、支配人達もそれに全力で応えていき、見事なラストソングとなった。

777☆SISTERSの舞台が終わると会場は一度暗転し、前日同様告知ムービーが流れ出した。この日告知された新情報は

・「2019年 ナナシスの物語は 待望のEPISODE.4.0へ 2019年2月 続報公開予定」
・「2019年4月  Le☆S☆Ca 待望のニューシングル発売決定!!」
・「待望の新ユニットデビュー決定!! 2019年初頭 続報公開予定」

の3つ。前日に発表された

・「2019年3月 Ci+LUS 2ndシングル発売決定」
・「2019年5月 The QUEEN of PURPLE 1st ミニアルバム発売決定」
・「2019年6月9日Zepp Tokyo、6月14日Toyosu PIT The QUEEN of PURPLE 単独ライブ開催決定!!」

と合わせて計6つの新情報は、幕張に集まった支配人達に大きな歓声で迎え入れられた。

告知が終わるとステージ上に今日登場した全てのキャストが再登場し、感動のフィナーレとしてラストソング『スタートライン』を披露した。前日にはいなかったキャストがいて、前日にはいたキャストが数人いないステージだったが、ナナシスという繋がりを持って集まったキャスト達の気持ちは間違いなく一つで、前日に披露された『スタートライン』と合わせて4周年の真のエンディングが幕張の会場に完成した様だった。

そうして舞台は終幕へ。2Daysを終えたキャスト達の顔は晴れやかで、それをみる支配人達も同じ表情を浮かべている。4周年を迎えたが、ここにいる全員がナナシスの未来はまだまだこれからだと確信していることが見てとれた。これからも飛躍を続けて行くであろうナナシスの今後から、ますます目が離せなくなる。そう感じさせてくれる2Daysライブだった。

なお、ナナシスは20日(土)と21日(日)のライブの模様をディレイ(時間差)ビューイングとして全国33館の映画館で上映することも決定している。幕張メッセに行くことが出来なかった支配人はもちろん、幕張に来ることが出来た支配人の皆さんも是非もう一度映画館の大スクリーンと迫力の音響でこの感動を味わって観て欲しい。

 

Photo by 杉浦弘樹(foto)、松﨑祐士、三浦真琴(maco)、鈴木実、端佑士

■最新情報 2日目

・「2019年 ナナシスの物語は 待望のEPISODE.4.0へ 2019年2月 続報公開予定」
・「2019年4月  Le☆S☆Ca 待望のニューシングル発売決定!!」
・「待望の新ユニットデビュー決定!! 2019年初頭 続報公開予定」

イベント詳細
Tokyo 7th シスターズ 4th Anniversary Live -FES!! AND YOUR LIGHT- in Makuhari Messe 2日目
▼開催日時:
10月21日(日)開場16:00 開演17:00
▼会場:
幕張メッセイベントホール
▼出演ユニット:
777☆SISTERS
はる☆ジカ(ちいさな)
WITCH NUMBER 4
サンボンリボン
Le☆S☆Ca
The QUEEN of PURPLE
Ci+LUS
4U
KARAKURI
CASQUETTE’S

▼出演者:
篠田みなみ/高田憂希/加隈亜衣/中島唯/井澤詩織/清水彩香/
道井悠/今井麻夏/中村桜/高井舞香/桑原由気
吉井彩実/藤田茜/植田ひかる
野村麻衣子/広瀬ゆうき/山本彩乃/巽悠衣子
山崎エリイ/田中美海
長縄まりあ/吉岡茉祐/山下まみ/秋奈
末柄里恵/優木かな/大地葉/齋藤綾

■セットリスト
1         MELODY IN THE POCKET / 777☆SISTERS
2         STAY☆GOLD / 777☆SISTERS
3         Snow in “I Love You” / 777☆SISTERS
4         PUNCH’D RANKER-セブンスカバー- / The QUEEN of PURPLE
5         Clash!!! / The QUEEN of PURPLE
6         Fire and Rose / The QUEEN of PURPLE
7         Winning Day / KARAKURI
8         AMATERRAS / KARAKURI
9         A.A.B. / KARAKURI
10        –Zero / KARAKURI
11        アイコトバ / Ci+LUS
12        シトラスは片想い / Ci+LUS
13        SHAKE!!~フリフリしちゃえ~ / はる☆ジカ(ちいさな)
14        ハネ☆る!! / はる☆ジカ(ちいさな)
15        SHOW TIME / CASQUETTE’S
16        マスカレード・ナイト / CASQUETTE’S
17        ひまわりのストーリー/ Le☆S☆Ca
18        タンポポ/ Le☆S☆Ca
19        Behind Moon / Le☆S☆Ca
20        YELLOW / Le☆S☆Ca
21        14 歳のサマーソーダ/ サンボンリボン
22        セカイのヒミツ / サンボンリボン
23        SAKURA / WITCH NUMBER 4
24        星屑☆シーカー/ WITCH NUMBER 4
25        Crazy Girl’s Beat / 4U
26        TREAT OR TREAT? / 4U
27        パフェ・デ・ラブソング / 4U
28        プレゼント・フォー・ユー / 4U
29        Lucky☆Lucky / 4U
30        KILL☆ER☆TUNE☆R / 777☆SISTERS
31        僕らは青空になる / 777☆SISTERS
32        FUNBARE☆RUNNER / 777☆SISTERS
33        スタートライン / All Cast

© 2014 Donuts Co. Ltd. All rights reserved.

FEATURE!!

AKIBA’s GATE 声優養成所/新人声優特集
連載第2回(前編)
アプトプロ付属声優養成所/財満健太さん

AKIBA’s GATE 声優養成所/新人声優特集
連載第1回
WAHO學院(EARLY WINGグループ)/松永一輝さん

AKIBA’s GATE 立花理香さん特集
連載第4回「アイドル」について