FEATURE!!

FAVORITES

  • Top
  • 荻原秀樹のオールナイトトークライブ開催! ゲストの井澤詩織と朝まで大盛り上がりのイベントをレポート!!

荻原秀樹のオールナイトトークライブ開催! ゲストの井澤詩織と朝まで大盛り上がりのイベントをレポート!!

5月26日(土)、東京・新宿ロフトプラスワンにて、「荻原秀樹オールナイトトークライブ ~It’s mine at midnight~ 16」が開催された。このイベントは声優・荻原秀樹が半年に一度実施しているトークライブの第16回目で、この日は荻原と交友が深い井澤詩織がゲストとして登場。深夜ならではの深い話や、イベント外では言えないようなトークを連発し、朝まで大いに盛り上がったイベントの模様をお伝えする。

そもそも2人の縁は、文化放送超!A&G+で2008年から2010年まで放送されていたラジオ番組『ハンゲーム presents 超!Online Station』までさかのぼる。「オンステ」はメインパーソナリティの荻原、アシスタントを務めた井澤が、ハンゲームのオンラインゲームの紹介や、ゲーム対決などを行なっていた番組だ。この日は番組Tシャツを着たファンも来場しており、さらには「オンステ」カラーの楽屋花も届いたため、ステージ上に飾られていた。

img_1

ロフトプラスワンでお馴染みのオリジナルメニューには、井澤考案のメニューである「美脚揚げ」「チャームポイント♡」「プレゼント、ブーケ!」「キャットボイス」「ケロケロボイス」「深海ソーダ」「妖怪ソーダ」と、荻原考案の「ラブチキン」「ATコリコリ飯」「ラガーメン!」「AT(アルコールカクテル)」「AT(FREE)」「黒いスースーするアレ」「温かいスースーするアレ」といったものが並んだ。

イベントの第1部でオープニング恒例の乾杯を行うと、まずは二人の出会いのきっかけとなった「オンステ」話に花を咲かす。今はショートカットのイメージが定着している井澤が番組開始時点ではロングヘアーだったことや、時間の都合上で番組の最後まで井澤が居られなかったというエピソードや、一日で複数のステージを2人で担当していた思い出話を語っていた。

img_2img_9

そして、最初のゲストコーナー『井澤詩織が声優業界の間違った噂を正します!』に突入。このコーナーでは表題の通り、ギャランティの噂として”全ての案件がランク制に基づいている”、オーディションの噂として”モブ役の新人はオーディションで良い所まで行った人”、”音響監督がキャスティング権を握っている”、声優のファン対応の噂として”声優はリプライを見てない”という、ネットなどに出回っている声優業界の噂を井澤と荻原が訂正していった。その中で井澤は「ソシャゲのガチャを声優は自腹で引いてる!」と力を込めて言い、荻原も「声優はギャラを自分の出演作で溶かしてるんです」と同調すると、会場は大いに沸いた。

img_25img_23

続いてのゲストコーナーは『ネットで流れている井澤詩織の間違った噂を正します!』。井澤は”この声はつくってないです!”と特徴的な地声について言及したほか、さらに突っ込んだテーマもあったが、WEB媒体には載せられないため割愛させていただく。

イベント第2部はニコニコ生放送による配信が入り、荻原と<音泉>の大西プロデューサーが登壇した。大西は『ほめられてのびるラジオ』のプロデュースも担当していることもあって、主に番組についての話題を展開していく。

img_66img_16

まずはパーソナリティが考案する10周年記念グッズの制作報告として、荻原デザインのシルバーアクセサリーのラフ画を見せながら説明すると、スカルグッズが好きという荻原自身が描いた精巧なそのイラストに、会場から驚きの声が漏れた。ただし、このグッズは紆余曲折があって残念ながら制作中止となってしまったようで、代わりに新しいグッズ案をアンケートで募集したところ、Tシャツやサングラスが多く挙がっていた。新グッズについては引き続き進行していくため、続報を待とう。そして大西プロデューサーが降壇すると、荻原の映像コンテンツ「SLOTTER 13」の一部を特別に見せることに。今回は新宿・都庁前の都民広場からスタートし、水陸両用バス「SKY DUCK」に乗って東京の名所を回る映像が、荻原の解説付きで流されていた。

img_74img_84

イベント第3部には、再びゲストの井澤が登場。まずは、会場で事前に募集された、”あなたの理想の女性声優像を教えてください”というアンケートテーマで進行していく。「夢を壊したくないので、表に出てこない人」「自分の仕事が好きなことが伝わる方」「過去に黒歴史とされているユニット活動をしている人」といった回答を基に、声優としての事情などを踏まえて業界裏話が幅広く展開された。ゲストの”井澤詩織”という回答が多々あったようだが、その井澤が担当している番組の相方・立花理香の名も挙がっていた。

また、”100本受けて1本受かる”とも言われているアニメのオーディションについて話題が移ると、荻原は自身の合格率が5割強だと明かし、役者としての実力を垣間見せた。トークの合間にはロフトプラスワンお馴染みの、お客さんからの差し入れもあり、2人がドリンクやアイスに舌鼓を打つ場面も。

img_91img_98

イベント終盤にはプレゼント抽選会が行われ、メモ帳や缶バッジ、サイン色紙に、『メイドインアビス』のラジオCDのほか、”バブみセット”として井澤直筆コメント入りの哺乳瓶などが贈られた。最後に出演者の2人から挨拶があり、

「自分の動画番組の初イベントが新宿ロフトプラスワンだったので、久しぶりで楽しかったです!」(井澤)
「しーちゃんと楽しく10年前の話ができたので、今回はかけがえのないイベントとなりました。皆さん本当にありがとうございました!またお会いしましょう!」(荻原)

こうして、深夜から早朝にかけておよそ5時間に渡るイベントの幕を下ろした。

img_125

COMMENT コメント

CATEGORY INDEX

FEATURE!!

小野賢章・岸本卓也・早乙女じょうじが参加
12/13開演、Team Unsui第2回公演『カプセル』稽古レポ&インタビュー(後編)

小野賢章・岸本卓也・早乙女じょうじが参加
12/13開演、Team Unsui第2回公演『カプセル』稽古レポ&インタビュー(前編)

AKIBA’s GATE 声優養成所/新人声優特集
連載第2回(後編)
アプトプロ付属声優養成所/財満健太さん