FEATURE!!

FAVORITES

  • Top
  • 『天使の3P!』生演奏で、ファンへくさびを打ち込む4曲を披露! イベント終了後の大野さん・遠藤さん・古賀さんのインタビューもお届け!!

『天使の3P!』生演奏で、ファンへくさびを打ち込む4曲を披露! イベント終了後の大野さん・遠藤さん・古賀さんのインタビューもお届け!!

%e5%a4%a9%e4%bd%bf%e3%81%ae3p

%e5%a4%a9%e4%bd%bf%e3%81%ae3p

12月2日(土)、東京・Space emo 池袋にてTVアニメ『天使の3P!』の生ライブ&トークイベント「天使の3P! ファンとのくさび準備祭♪ 〜合同ミーティング〜」が昼夜公演で開催され、”Baby’s breath”の大野柚布子さん(五島 潤役)、遠藤ゆりかさん(紅葉谷希美役)、古賀 葵さん(金城そら役)の3名が出演した。このレポートでは、昼公演の模様を中心にお伝えする。

来年2月の「SPECIAL LIVE ~ファンとのくさび♪~」に向けての準備祭となったこの日は、溢れかえるほどの人がライブ会場に押しかけた。その期待の高まりを十分に感じられる中で3人がステージに登場すると、まずは挨拶代わりに「BLUE TEARS」からライブをスタートさせる。

p1050704dsc04671

「BLUE TEARS」はこの日が楽器演奏での初お披露目となったが、バンド活動を始めて最初に練習した楽曲とあって、スリーピースバンドは息の合ったセッションを奏でた。1曲目が終了し、「皆さんこんにちは! Baby’s breathです!!」と遠藤さんが挨拶すると、6月の第1回目ファンミーティングから待ちわびていた観客も歓声で応える。

p1050807

続いて、9月に発売された挿入歌アルバム『Three Angels Complete Album ♪』収録の「深海プリズナー」の演奏では、大野さんがいつか披露したいと言っていた難しいソロパートを見事に弾ききってみせた。そして続く3曲目には遠藤さんがライブ向けで個人的に好きと語った、アニメ第9話の挿入歌「INNOCENT BLUE」へと突入し、古賀さんの繰り出すドラムの裏打ちビートが会場を盛り上げた。

dsc04858p1050767

ライブコーナーが終わると、トークコーナー「天使のお願い♪」に。これは、「天使の3P!ニコ生 活動日誌」で行われていた懺悔コーナーの逆バージョンとなっており、天使の3人がライブに来場したお客さんの願いをその場で叶えるという趣旨のもので、Baby’s breathに是非とも叶えてほしいお願いがたくさん寄せられていた。

お客さんからの、「寒い日に布団から飛び出すには」や「お勧めの寒さ対策(お酒以外で)」、「どうすれば早く起きられるか」「方向音痴をなおすには」といった”お願い”に対して天使たちから的確なアドバイスがおくられ、中でも「親戚の女子小学生の心を開くためには」というテーマでは、「ボカロPになって曲をアップしていれば懐いてくれるはず」と第2のひびきPを目指せとばかりの具体的な案も提示され、会場は笑いに包まれた。

トークコーナーの後には、以下の各種お知らせが。

・BD&DVD第3巻が、12月2日(土)より発売中!

→録り下ろし楽曲「Believe In…Myself」収録のスペシャルCDが初回限定特典で付属

・BD&DVD第4巻が、2018年1月6日(土)に発売!
→録り下ろしドラマ「デートにイカれて」収録のスペシャルCDが初回限定特典で付属

・「DENGEKI 25th Anniversary DENGEKI MUSIC LIVE!! 2018」出演!

・「天使の3P! SPECIAL LIVE〜ファンとのくさび♪〜」開催!

詳細は公式HPをチェックしよう。

ono

ファンミーティングのラストは、OP主題歌「羽ばたきのバースデイ」が飾る。タオルを目一杯振って盛り上がるこの楽曲では、出演者と来場者が一緒になってタオルを振り回しながら歌い上げ、満員御礼となったライブ会場を熱狂の渦に巻き込んでイベント終了となった。

dsc05033

▼昼公演終了後に、”Baby’s breath”の3名にお話を聞くことができたので、次ページにてお届けします。

next 1 2

FEATURE!!

interview_mat_eyecatch

AKIBA’s GATE 声優養成所/新人声優特集
連載第1回
WAHO學院(EARLY WINGグループ)/松永一輝さん

interview_tati4_eyecatch

AKIBA’s GATE 立花理香さん特集
連載第4回「アイドル」について

interview_tati3_eyecatch

AKIBA’s GATE 立花理香さん特集
連載第3回「モーションキャプチャー」について