FEATURE!!

FAVORITES

  • Top
  • 声優
  • 若手人気声優たちによる朗読劇「スマホを落としただけなのに 囚われの殺人鬼」来年1月開催、伊東健人・神尾晋一郎・西山宏太朗・茜屋日海夏・田中美海ら出演

若手人気声優たちによる朗読劇「スマホを落としただけなのに 囚われの殺人鬼」来年1月開催、伊東健人・神尾晋一郎・西山宏太朗・茜屋日海夏・田中美海ら出演

2013年12月にスタートし、2016年3月の番組終了までニッポン放送とラジオ大阪で放送した人気ラジオ番組「ニッポン朗読アカデミー」のスピンオフ企画・朗読劇の第六回公演として、朗読劇「スマホを落としただけなのに 囚われの殺人鬼」が2020年1月11日(土)から1月19日(日)まで銀座・博品館劇場で上演されることが決定した。

前回作となる2019年1月に行われた第五回では、シリーズ累計70万部突破の人気ミステリー小説で、2018年11月には映画化もされた大ヒット作品、志駕晃著「スマホを落としただけなのに」を初の朗読劇化し話題を集めた。

今回の公演は、2020年2月21日(金)に映画公開も決定している、前作の続編である「囚われの殺人鬼」を上演。出演は伊東健人、神尾晋一郎、中島ヨシキ、西山宏太朗、羽多野渉、比留間俊哉、米内佑希、ランズベリー・アーサー、青山吉能、茜屋日海夏、奥野香耶、澁谷梓希、高木美佑、田中あいみ、田中美海、南早紀、山下七海/植木慎英、土田玲央、馬場惇平を予定。

なおチケットは11月1日(金)よりイープラスにて先行販売開始。

===

《実施概要》
■タイトル:朗読劇「スマホを落としただけなのに 囚われの殺人鬼」
■日時・出演:伊東健人 神尾晋一郎 中島ヨシキ 西山宏太朗 羽多野渉 比留間俊哉 米内佑希 ランズベリー・アーサー 青山吉能 茜屋日海夏 奥野香耶 澁谷梓希 高木美佑 田中あいみ 田中美海 南早紀 山下七海/植木慎英 土田玲央 馬場惇平

※開場は各公演開演の30分前
※未就学児童入場不可
【配役】男A:桐野良一 男B:浦井光治/女A:松田美乃里 女B:森岡市子 男C:男

A 1月11日(土)男A:中島ヨシキ 男B:植木慎英/女A:山下七海 女B:田中あいみ 男C:神尾晋一郎
B 1月12日(日)男A:西山宏太朗 男B:馬場惇平/女A:田中美海 女B:澁谷梓希 男C:米内佑希
C 1月13日(月・祝)男A:ランズベリー・アーサー 男B:植木慎英/女A:茜屋日海夏 女B:南早紀 男C:伊東健人
D 1月14日(火)男A:米内佑希 男B:土田玲央/女A:奥野香耶 女B:山下七海 男C:ランズベリー・アーサー
E 1月15日(水)男A:伊東健人 男B:馬場惇平/女A:高木美佑 女B:茜屋日海夏 男C:比留間俊哉
F 1月16日(木)男A:比留間俊哉 男B:土田玲央/女A:青山吉能 女B:奥野香耶 男C:西山宏太朗
G 1月17日(金)男A:羽多野渉 男B:土田玲央/女A:田中あいみ 女B:高木美佑 男C:伊東健人
H 1月18日(土)男A:ランズベリー・アーサー 男B:馬場惇平/女A:南早紀 女B:田中美海 男C:中島ヨシキ
I 1月19日(日)男A:神尾晋一郎 男B:植木慎英/女A:澁谷梓希 女B:青山吉能 男C:羽多野渉

■スタッフ:<脚本>正岡謙一郎 <演出>菅沼尚宏
■会場:銀座・博品館劇場
■価格:SS席 8,700円(税込)※前方席+オリジナルグッズ/A席 6,000円(税込)
※全席指定
■チケット:
【専用URL】http://eplus.jp/rouacastage2020/
【先行発売】
<1次>11月1日(金)12:00〜11月11日(月)23:59
<2次>11月20日(水)10:00〜11月26日(火)23:59

朗読劇「スマホを落としただけなのに 囚われの殺人鬼」
「スマホを落としただけなのに」続編!
神奈川県警生活安全サイバー犯罪対策課の桐野良一は、あるPCの中から、死体で見つかった女の情報を探っていた。
そのPCは、世間を震撼させた「丹沢山中連続殺人事件」の犯人のものだった。犯人は、桐野にある取引を持ちかける――。
いっぽう、巨額の仮想通貨流出事件が発生。
セキュリティ会社で桐野の恋人・美乃里のもとに、ハッカーらしき男からコンタクトがあり……。
宝島社が主催する第15回『このミステリーがすごい! 』大賞・隠し玉作品として、
シリーズ累計70万部突破のベストセラーサスペンス「スマホを落としただけなのに」 。
メディアミックス展開も大きな話題となっている本作品は、
マンガ、オーディオブックに続いて、2018年に映画「スマホを落としただけなのに」も
公開され、大ヒットを記録した。
この作品の続編となる 「スマホを落としただけなのに 囚われの殺人鬼」は、
2020年2月21日(金)に映画公開も決定。
そしてこのたび、人気声優達による朗読劇化が実現する。

作者紹介/志駕 晃
1963年生まれ。明治大学商学部卒業。
第15回『このミステリーがすごい!』大賞・隠し玉として、『スマホを落しただけなのに』 (宝島社文庫)にてデビュー。

©宝島社文庫

FEATURE!!

AKIBA’s GATE 声優養成所/新人声優特集
連載第3回(前編)
マウスプロモーション附属俳優養成所/
井上雄貴さん・田中貴子さん

声優ユニット・SPR5の1stアルバムリード曲
「アルキオネ」MV撮影現場に密着!

小野賢章・岸本卓也・早乙女じょうじが参加
12/13開演、Team Unsui第2回公演『カプセル』稽古レポ&インタビュー(後編)