FEATURE!!

FAVORITES

  • Top
  • 声優
  • 活動1周年の集大成となったSPR5初のライブイベント「Supreme LIVE」で五人五色の魅力が炸裂! 社本「これからも一緒に夢の向こう側へ」

活動1周年の集大成となったSPR5初のライブイベント「Supreme LIVE」で五人五色の魅力が炸裂! 社本「これからも一緒に夢の向こう側へ」

2019年7月6日(土)、スマートフォン向けゲーム『消滅都市0.』から生まれたリアルアイドルユニット「SPR5(シュプリーム・ファイブ)」のライブイベント「Supreme LIVE」が、東京・山野ホールで開催された。これまで数々のイベントに出演してきた彼女たちだが、「ライブ」と銘打った単独公演は初の試みで、これまで歌唱の機会が無かった曲もすべて披露された昼夜2部制公演の模様をお伝えする。

アプリゲーム『消滅都市0.』は、全世界で1,000万DLを突破したドラマ×アクション×RPG。とあるプロの運び屋の男タクヤが、消滅で生き残った謎の力を持つ少女ユキを乗せ、消滅都市の謎を追う──という物語。タップとスワイプの簡単操作で楽しめるゲーム性や奥深いストーリーのほか、ゲームを盛り上げるポップでドラマチックなサウンドも話題となっている。この春にはTVアニメも放送され、フルリメイク版となる新作ドラマRPG『AFTERLOST – 消滅都市』も配信中と多角的な展開で話題を呼んでいる。

「SPR5」は、その『消滅都市0.』に登場するアイドルユニットで、社本悠(ホムラ役)、岩井映美里(ナミ役)、直田姫奈(ハルカ役)、大西亜玖璃(レナ役)、園山ひかり(ユア役)の5名で活動中。この日は、デビューから1年間活動してきたSPR5の集大成としてのライブでもあったため、昼夜通して衣装パターンも様々に用意されており、カラフルに彩られたデビュー曲「インコンプリートノーツ」や黒を基調とした「アルキオネ」、そしてホワイトベースでフリルがかわいらしい2ndSG「With Your Breath」といった、SPR5としての節目を飾る衣装で登場し、”シュプリーマー”たちを魅了した。

「Supreme LIVE」では、これまでのイベントには無かったメンバーのソロコーナーも設けられ、五人五色の演出が光った。ロングヘアーのホムラにならって、赤みがかかったウィッグをつけて登場した社本は、ホムラがステージでパフォーマンスをしていることを意識して、マイクを持つ小指を立てて髪をなびかせながら「微炭酸イノセンス」を歌唱。間奏では、籠に入ったサイン入りのカラーボールを元気いっぱいに客席に投げ入れ、思わぬプレゼントを届けた。

スタンドマイクとともに登場した直田は、普段クールなハルカの胸に秘めた思いを「いつか孤独を満たすまで」で表現し、「ハルカが治める帝国の国歌」と述べた楽曲で帝国の民を前に堂々のパフォーマンス。スタンドマイクを効果的に使い、口元にぐっと引き寄せながら歌う姿や、間奏でそのマイクの前に躍り出てダンスも披露する様は、ハルカの情熱が存分に引き出されていた。またサビ終わりに手を伸ばす仕草を見せていたが、それは孤独を満たすために握手をしましょう、という意味が込められていることも後に明かした。

続いての「Music☆Showtime」では、岩井が客席後方から登場するサプライズが。岩井は右手にマイクを、左手にはメンバーカラーの5色と星型の風船を持ちながら歌唱する。リーダーとしてメンバーのことを思いやり、笑みを浮かべながら瞳を閉じて歌う様は、客席はもちろん同じステージに立つ4人へ届けと願うかのようであった。その願いは風船とともに、そして風船を掲げる岩井自身も空に飛んでいっていまいそうな、夢の国へと誘う時間だった。

一方の大西は、キャラクターカラーの黄色の傘を右手に持って登場。曲名にもある「doi do-wa!」と繰り返す節では、傘を横に持って左右に動かすアクションをする大西に魔法をかけられたように、シュプリーマーたちもSPR5オリジナルのサイリウムを横に振って「doi do-wa!」とコールしていた。曲中「いつもありがとう!」と大西が喋ったあとには、それまでステッキのように回していた傘を開いて黄色の花を咲かせ、まるでレナがアイドルとして華が開いたような景色が見えた。

ソロコーナー最後を務めたのは、ユア役の園山だ。暗くなったステージに光が照らし出されると、右手にウサギのパペット(キリマンジャロくん)をはめて登場し、とびきりキュートでスパイシーな「Welcome Wonder Land」を披露。サビの「あなたは私に釘付け」では、ウサギに向き合って言い聞かせるような仕草も見せ、曲中ではゲーム内のアタックボイスを差し込むなどユアらしい小悪魔感を醸し出していた。ユアがメインとなる楽曲は客席からのコールのボリュームも大きく、園山も負けじと「抱きしめてー!」と叫び、ワンダーランドの空間をつくりあげた。

ソロコーナー終わりには、YouTubeなどで配信されていた「SPRadio5」の特別版がスクリーン上で流された。シュプリーマーから送られた質問メールに回答する形で、「休みの日には何をしているか?」というテーマで話に華を咲かせた。キャラクターそれぞれが「らしい」休日の過ごし方を楽しそうに話しており、会場ではクスクスと笑い声が漏れていた。

ラジオコーナー明けは、こちらも初お披露目となるユニットソングコーナーが続いた。社本と直田の「キミがいた季節」では、こちらも2人が客席後方から登場し、歌詞を噛みしめるようにステージに向かってゆっくりと歩みを進める。2コーラス目からは、ステージ中央でお互いが向かい合ってせつなそうに歌うが、直田が手を差し伸べる際には社本が顔を背け、社本が同様に手を伸ばすと直田は背を向けるという振りで、失恋ソングを表現。後半に向けて気持ちの盛り上がりが押し寄せてくるハモリも見事で、息の合った”しゃもすぐ”コンビを見せつけた。

うってかわって、岩井・大西・園山の「キミの世界にまざりたい」は、効果音もふんだんに盛り込まれたテクノ調でかわいらしいメロディとなっており、曲中で何度も「I scream」とささやくように歌う中毒性を持つ楽曲だ。キャラ性を鑑みての歌い分けも歌詞としっくり合い、間奏のロボットダンスや、手の動きに特徴ある難しい振り付けをぴったりと合わせ、こちらもトリオとしての魅力を発揮した格好となった。

またこの日は、昨年の「SPR5 Meeting Vol.3」で出されていた課題の内、大西と直田、岩井の3つがお披露目される場ともなった(社本・園山はクリア済)。岩井の「ライブで発売するオリジナルグッズの企画とデザインを考案すること」は、自身のイラストをあしらったシュプリームキャップとシュプリームアクリルキーホルダーを販売し、会場ではそれらを身に着けたシュプリーマーがそこかしこで見受けられた。

そして直田の「SPR5のとある楽曲を、ライブで弾き語り披露すること」では、直田のセンター曲「幾千の星が輝く夜空で」を一人で披露することに。歌唱前には、「Supreme Revolution」強化合宿時のボイトレの先生である中ノ森文子さんを講師として迎え、難易度が高い楽曲に挑む直田の練習風景がスクリーンに映し出された。そしてライブ本番では、椅子に座った状態でアコースティックギターを構え、普段は5人で歌唱する曲を1人きりでゆっくりと紡いでいく。途中、何度も手元を探ったり、弦を弾き間違えそうになることもあったが、最後まで演奏しきった後に笑顔で「ありがとうございました」と述べて、見事課題をクリアした。

また、大西の課題「SPR5のライブで披露する衣装を1着企画すること」では、アンコール用にライブ物販Tシャツをアレンジした衣装を用意した。ラインストーンや星をふんだんに盛り込んだところがこだわりと語るそのTシャツは、メンバーカラーも強調されたデザインとなっており、デザイナー・岩井とともに独特の感性を表現していた。

そのアンコールでは、メンバーひとりひとりからメッセージが送られた。

「今まで出したアルバム・シングルを1日で歌わせていただいたのですが、いかがでしたでしょうか。正直、われらにとってはチャレンジでした。今回はいっぱい歌って、いっぱい踊りました。1年半以上こうして皆と活動して、少しずつ色々なものを手に入れて、皆それぞれ悩んだこともあるだろうし、自分の中で戦ってきたものがあると思います。でも、少しずつ培ったものが今こんなに大きなステージで、こんなに素敵な皆さんの前で発揮できるのが本当に幸せだなと思います。それもいつも応援している皆さんや、スタッフの方々の支えがあってこそです。そして、われにとってはかけがえのない宝物である4人がいてくれたから、ここに立つことができています。そんな感謝の気持ちが伝わるように、本日はパフォーマンスさせていただきました。でもわれらは夢の向こう側目指してがんばっていきますので、引き続き応援してくださると嬉しいです」(園山)

「今日は最初から色々なことを思い出して、先ほどの「With Your Breath」でも「譲れない宝物」って歌ったのですけど、本当にそうだなぁと心から思って泣きそうになって……歳取ったんですかね?(笑) それこそ今泣いちゃったとしても、いつもシュプリーマーの皆さんが支えてくれるし、SPR5の皆も優しくて頼りになるんです。思い返せば、一番最初のダンスの動画とか皆凄い下手で、そんな中で日々一歩ずつ成長する皆の姿を見て、私も追いついていかないと、といつも頑張っています。アニメ『消滅都市』でもEDテーマを担当させていただいて、素敵なことばかりが起きるようになって、皆で作り上げたものがこうして形になって、自分も皆も同じように楽しい思いでいてくれるのが幸せだなと思いました。本当に私はシュプリーマーの皆さんはもちろん、4人のことが大好きだなと思いました。歌っていると目が合うんですよ、今もこうして見守ってくれるし。いつもありがとう、これからもよろしくね」(大西)

「SPR5のメンバーが居たから、この1年間頑張れたなと思います。あぐぽんは素直で良い子だし、おそのは変わらないでいてくれる存在だし、えみりちゃんは私たちの張り詰めた空気を溶かしてくれるし、しゃもちゃんは不動のセンターで、しゃもちゃんがセンターで良かったと思えるような存在でいてくれたのは有りがたいことだなと思っています。そんな5人の一員として入れたことは運命だったなと思うし、SPR5が無ければ自分はここに立っていないし、皆さんが自分を成長させてくれたんだなと思うと本当にかけがえのない存在になっています。いつも応援していますと言ってくれたりして、すごく励みになっています。そんな感謝の気持ちを込めて、その集大成というか、皆が背中を押してくれた結果こうなった、というものを見せられたんじゃないかと思います。これからも力をつけて、皆さんも暖かく見守っていただきながら、一緒に盛り上がっていただけると嬉しいです。本当にSPR5に出会わせてくれてありがとう!」(直田)

「はいどうも〜。SPR5・天才担当のナミ役・岩井映美里です(笑)。私が「天才って呼んで」と最初に言ったのがきっかけでそう呼ばれるようになったんですよ。だから皆さんもそう言ってください。私は自信が無くて、そう呼んでもらえると自信になるんですよ。今日すごく楽しくって、涙よりも楽しかったが勝って、すごくニコニコしていました。皆さんのお陰で楽しい一日を過ごせたと思います。私たち頑張ります!夢の向こう側へ向かって一歩ずつ進んでいきます。楽しんで生きていけたらいいね。何卒応援のほどよろしくお願い致します!」(岩井)

「皆の挨拶を見ていると、アニメの5人とすごく似ているなぁと感じて、良いメンバーに恵まれたなと思っています。ホムラは歌もダンスもトークもできる完璧な子なので、私が演じて良いのかと責任感を感じていたのですが、こんな私でもついてきてくれた皆と、支えてくれたスタッフの皆さんが居てくれたので、今ここに立てていると思っています。アニメは最終回を迎えてしまいましたが、まだまだゲームもSPR5の活動も続いていくので、これからも一緒に夢の向こう側へ進んでいってくれたら嬉しいです。今日は本当に楽しい時間を過ごしていただきありがとうございました!」(社本)

そしてメンバーからの挨拶の後には、やはりSPR5といえばこの曲ということで、原点となる「インコンプリートノーツ」を全員で笑いながら、泣きながら歌唱し「Supreme LIVE」の幕を下ろした。

TVアニメ『消滅都市』の放送は終了し、アルバムリリースに続いてホールでのライブ開催と、SPR5の活動はここで一区切りがついた。ただし、SPR5はスマートフォン向けゲームから派生したユニットであり、その『消滅都市0.』『AFTERLOST – 消滅都市』は現在も好評配信中な上に、TVアニメの第2期やメディアミックス展開も控えているかもしれない。何より、SPR5が結成当初から掲げている目標である”武術館ライブ”はまだ実現していない。だからこそ私たちは、彼女たちが感謝してくれたことに報いるためにも、彼女たちの活動に対して前向きな声で背中を押し続けなければいけないと思う。そうすることで、SPR5とともに夢の向こう側へ到達することができるはずだ。

■SPR5「Supreme LIVE」概要
日付:2019年7月6日(土)
会場:山野ホール
出演者:SPR5(社本悠・岩井映美里・直田姫奈・大西亜玖璃・園山ひかり)

■昼の部セットリスト
M01. ファイブ!サスペクツ!
M02. グッデイサンシャイン!
M03. 夢の向こう側へ
M04. 恋の魔法
M05. 微炭酸イノセンス
M06. いつか孤独を満たすまで
M07. doi do-wa!
M08. Music☆Showtime
M09. Welcome Wonder Land
M10. キミがいた季節
M11. キミの世界にまざりたい
M12. 幾千の星が輝く夜空で(直田弾き語りver.)
M13. アルキオネ
M14. 気持ちはWhite Xmas
M15. インコンプリートノーツ
EN. With Your Breath

■夜の部セットリスト
M01. インコンプリートノーツ
M02. 気持ちはWhite Xmas
M03. 恋の魔法
M04. 夢の向こう側へ
M05. グッデイサンシャイン!
M06. 微炭酸イノセンス
M07. いつか孤独を満たすまで
M08. Music☆Showtime
M09. doi do-wa!
M10. Welcome Wonder Land
M11. キミがいた季節
M12. キミの世界にまざりたい
M13. 幾千の星が輝く夜空で(直田弾き語りver.)
M14. ファイブ!サスペクツ!
M15. アルキオネ
M16. With Your Breath
EN. 幾千の星が輝く夜空で
W-EN. インコンプリートノーツ

(c) Wright Flyer Studios/消滅都市製作委員会

FEATURE!!

AKIBA’s GATE 声優養成所/新人声優特集
連載第3回(前編)
マウスプロモーション附属俳優養成所/
井上雄貴さん・田中貴子さん

声優ユニット・SPR5の1stアルバムリード曲
「アルキオネ」MV撮影現場に密着!

小野賢章・岸本卓也・早乙女じょうじが参加
12/13開演、Team Unsui第2回公演『カプセル』稽古レポ&インタビュー(後編)