FEATURE!!

FAVORITES

  • Top
  • 声優
  • 飯田里穂が初のウェディングドレス姿に。サントリー「クラフトボス ブラウン」のWEB動画が本日公開

飯田里穂が初のウェディングドレス姿に。サントリー「クラフトボス ブラウン」のWEB動画が本日公開

声優・飯田里穂が出演するサントリー「クラフトボス ブラウン」のWEB動画「メモリプレイ」篇が、本日5月8日(水)よりサントリー公式YouTubeチャンネルにて公開され、飯田里穂へのインタビューの内容も到着した。

WEB動画は、2代目となる「クラフトボスブラウン」の登場を訴求するもので、初代「クラフトボス ブラウン」から企画・開発を手掛ける当社社員役の新郎とその花嫁の結婚披露宴を舞台に、感動的かつコミカルなストーリーが描かれている。花嫁役を務める飯田里穂の初となるウェディングドレス姿も必見だ。

■WEB動画「担当者のメモリプレイ」篇

■WEB動画ストーリー

とある披露宴会場にて。当社社員の新郎・翔太と新婦・彩香(飯田里穂)が、両親に感謝の気持ちを伝える手紙を読もうとしている、クライマックスの場面から物語が始まる。

そこへ突然、虫取り網を持った男の子が現れ、サプライズのメモリプレイ演出がスタート。翔太が小学生の時、父親と一緒に田舎でカブトムシを捕った思い出を皮切りに、母親が作るオムライスが大好きだった彩香の幼少期、翔太がサッカー部だった中学・高校時代、PK を外して試合に負けた日の夜、母親が何も言わず好物のコロッケを作ってくれたこと、彩香が反抗期だった女子高生時代、補導された交番で父親が必死で謝罪する姿を見て更正を誓ったことなど、新郎新婦それぞれの両親との思い出と、自分を育ててくれた感謝の想いが、メモリプレイを通じて描かれる。

そして最後に、翔太が会社に入社してからの、とあるエピソードを再現。社会人役の翔太が、自ら担当した初代「クラフトボスブラウン」をポケットから取り出し、衝撃の事実を告白する。

翔太役を演じた各年代の演者の手から、リレー形式で渡された2 代目の「クラフトボスブラウン」を手に、「2 代目ブラウン、登場」と泣きながらアピールする新郎の翔太。その隣で新婦の彩香も「初めからこの味にすればよかったのに…」と号泣する。

■飯田里穂 インタビュー

——今回のオファーを受けた時はどんな風に思いましたか?
驚きました。よくウエディングドレスを着ると婚期が遅れる、という話を聞くので、とうとう私にも来たかと(笑)。でも、初めてこういった形でウエディングドレスを着たら、完全に花嫁気分でテンションが上がりましたね。やっぱり自分は女の子なんだなぁと。すごく嬉しかったです。

——花嫁役をいざやってみて、いかがでしたか?
花嫁役は生まれて初めての経験で、子役時代からお仕事させていただいていますが、自分もそういう年齢になったんだな~、としみじみ思いました。

——高砂に座り、主役として臨んだ撮影はいかがでしたか?
とっても緊張しました。招待客がエキストラの方々なので、実際は知らない方々ばかりだったんですけど、撮影の中で皆さんが記念写真を撮りに来た時ぐらいから空気がガラッと変わって。本当に昔からの友達がお祝いに来てくれたように錯覚して、不思議な感覚になりました。実は撮影の二日前に、中高の同級生二人の結婚式があって、撮影中もその子たちのことが頭に浮かびました。「二人はこういう気持ちだったのかぁ」と。新鮮でしたね。

——「メモリプレイ」という演出について、どんな印象をお持ちになりましたか?
実は「メモリプレイ」の存在を知らなくて、新郎役の方と「自分が結婚式挙げる時もやりたいよね」と話していたら、スタッフの方に、最近こういうサービスが実際に流行り始めていることを伺いました。監督さんとかが考えた演出のひとつだと思っていたので、それを聞いた時は「本当にあるんだ~!」とビックリしました。この動画をきっかけに、「メモリプレイ」の存在を知る人も増えるんじゃないかと思います。

——撮影中も本当に涙を流していました。
何度も泣いちゃいました。何回テイク重ねてもその度に涙が止まらなかったです。私自身、前日のリハーサルからずっと見て、何度も体験していたはずなんですけど。スタッフの皆さんも毎回、半数以上が涙を流していました。

COMMENT コメント

CATEGORY INDEX

FEATURE!!

AKIBA’s GATE 声優養成所/新人声優特集
連載第3回(前編)
マウスプロモーション附属俳優養成所/
井上雄貴さん・田中貴子さん

声優ユニット・SPR5の1stアルバムリード曲
「アルキオネ」MV撮影現場に密着!

小野賢章・岸本卓也・早乙女じょうじが参加
12/13開演、Team Unsui第2回公演『カプセル』稽古レポ&インタビュー(後編)