FEATURE!!

FAVORITES

  • Top
  • “椅子ドン”のあとは一緒にバトル!? 「椅子ドンVR~一ノ宮英介編~」体験レポート

“椅子ドン”のあとは一緒にバトル!? 「椅子ドンVR~一ノ宮英介編~」体験レポート

eye02

eye02

4月24日(月)から5月14日(日)までの期間、埼玉県越谷市にあるイオンレイクタウンの「VR Center」にて、アプリ「椅子ドンVR~一ノ宮英介編~」とのコラボレーションイベントが開催されている。

東京ゲームショウ2016でも話題を呼んだこちらのコンテンツの体験に加え、作中のイケメンキャラクターと一緒にVR空間で戦える、ユニークなコラボも実施されている。本稿では、その模様をレポートする。

■魅惑の“椅子ドン”体験

「椅子ドンVR~一ノ宮英介編~」は、恋愛ドラマアプリ『スイートルームで悪戯なキス』に登場する俺様大富豪・一ノ宮英介さんが目の前に現れるVRコンテンツ。

%e3%82%b9%e3%82%a4%e3%83%bc%e3%83%88%e3%83%ab%e3%83%bc%e3%83%a0%e3%81%a7%e6%82%aa%e6%88%af%e3%81%aa%e3%82%ad%e3%82%b9

『スイートルームで悪戯なキス』は、闇オークションに“商品”として出品され、ホテルの超VIPたちに落札されたヒロインが、彼らとスイートルームで過ごすうちに、次第に惹かれ合っていくストーリーを描いた人気恋愛ドラマアプリ。英介さんの声を担当するのは、アニメ『テニスの王子様』の大石秀一郎役などで知られる声優・近藤孝行さんだ。

img_3846

img_4017
(平静を装ってトライ)

ヘッドマウントディスプレイを装着すると、そこは殺風景な小部屋。足音のする方に視線を上げると、英介さんの姿が。その後は「椅子ドン」の名の通り、間近の距離まで英介さんが迫ってくる。

screen-shot3

「女性がドキドキするツボ」をしっかり押さえてくれる展開に、思わずのけぞりそうになるが、ヘッドマウントディスプレイを装着していれば、どこに視線を向けても二人きりの空間だ。折角の機会なので、しっかりと見つめ合うことをオススメする。

screen-shot2

screen-shot

ショッピングセンターの一角にいることを、つい忘れそうになるくらいの臨場感を楽しめる。

■剣と盾と魔法の世界で、英介さんと共闘!

VR Centerの常設アトラクション「サークルオブセイバーズ」(開発:株式会社PDトウキョウ)では、一ノ宮英介さんと一緒に闘える「助けて、英介さん♥」バージョンを、期間限定で楽しめる。

「サークルオブセイバーズ」は、剣と盾と魔法を駆使して、ファンタジー空間で敵と戦うVRゲーム。外部に設置された大型モニターで、VR空間の外からも、プレーの様子を楽しむことができる。

img_3867-2

両手のコントローラーをタイミングよく振ることで攻撃がヒットし、モンスターを倒すことができる。また、作品内で主人公が着用している赤いマントを貸してもらえる。

img_3972
(凛々しい気持ちになれる)

ゲームが始まって間もなく、英介さんが颯爽と登場。英介さんはスタイリッシュなスーツ姿で、どんどん敵を倒してくれる。その姿に見とれるもよし、自分も積極的にバトルに参加することも可能だ。

img_3982

戦いを終えた後には、二人きりで余韻を楽しめるサービスタイムも。先ほどの椅子ドン体験と続けてプレイすると、自然と距離が近くなったような気持ちになってしまう。なお、期間中は通常版の「サークルオブセイバーズ」もあわせて楽しむことができる

img_4005
(様々な角度から英介さんを見つめられる)

■コースターアトラクションを堪能&オリジナルグッズの販売も充実

VRリズムコースターアトラクション「SIMVRHRTHM」(開発:株式会社しのびや.com)では、『スイートルームで悪戯なキス』の映像と音楽を楽しみながら、リズムゲームにチャレンジできる。

img_3918

このアトラクションは、ジェットコースターに乗っている映像とともに流れてくるアイコンを、手元のコントローラーをかざしてキャッチしていくというもの。プレイヤーが座っているシートも、コースや音楽に合わせて動作し、疾走感と躍動感が楽しめる。ただし、流れてくるイケメン達に見とれていると、タイミングを逃してしまうかもしれない。

vr3_simvr%e3%82%b9%e3%82%af%e3%82%b7%e3%83%a7%e2%91%a0

vr3_simvr%e3%82%b9%e3%82%af%e3%82%b7%e3%83%a7%e2%91%a1

さらに、会場では「椅子ドンVR」オリジナルデザインのハコスコや、オリジナルパスケースなどのグッズも販売されている。

img_4022

「VR Center」では、スリリングな落下体験を楽しめるアトラクションなど、11種類の常設コンテンツも用意されている。体験チケットは、場内の券売機にて販売されている。GWの折にぜひ、足を運んでみてはいかがだろうか。

イベント概要

開催期間:424()514()
開催時間:10:0021:00
場所:イオンレイクタウンmori 3階 (埼玉県越谷市レイクタウン3丁目1番地1
アクセス:JR武蔵野線「越谷レイクタウン駅」直結

■椅子ドンVR~一ノ宮英介編~

恋愛ドラマアプリを提供する株式会社ボルテージの子会社である、株式会社ボルテージVRが企画・開発したコンテンツ。
スマホアプリとしてGoogle Play及びApp Storeでもリリースされている。

COMMENT コメント

CATEGORY INDEX

FEATURE!!

interview_ono3_eyecatch

AKIBA’s GATE 小野賢章さん特集
連載第3回「プライベート」について

yoshimizu_cover_img0

次世代ビジュアルアートの旗手
コンセプトアーティスト よー清水インタビュー

interview2_eyecatch

AKIBA’s GATE 小野賢章さん特集
連載第2回「家族・キャラ」について