FEATURE!!

FAVORITES

  • Top
  • 新生・hibiku(山村響)が送る「ハジマリの合図」ライブレポート! 6/6にミニアルバム発売も決定!!

新生・hibiku(山村響)が送る「ハジマリの合図」ライブレポート! 6/6にミニアルバム発売も決定!!

top_hibiku

top_hibiku

2018年2月12日(月・祝)、東京・Shibuya WWWでhibiku(山村響)のワンマンライブ「hibiku Birthday Live 2018〜ハジマリの合図〜」が開催された。

Tridentの「ブルー・フィールド」(アレンジVer.)がオープニングSEとして会場に流れる中、hibikuが暗闇から登場すると、右手を前に差し出してから、もう見ることはできないかと思われていたあの振りを厳かにやってみせる。実はこの演出は、ライブをともに準備してきた気鋭の音楽事務所・TOKYO LOGICのスタッフへ向けた彼女からのサプライズで、これにはスタッフを含めた全員が驚かされるとともに、いよいよ始まるライブへの期待感が高まっていった。

1曲目に選んだのは、ライブタイトルにもなっている「ハジマリの合図」(作曲:baker)。一時期、音楽活動に対して立ち止まっていた彼女が、差し伸べられた手をとって怖がらずにリスタートを切っていく楽曲からライブが爽やかに走り始めた。続いては、hibikuが忘れられない想い出と、忘れてしまいたい思い出が詰まった街を綴った「笹塚」(作曲:篠崎あやと)を、時に床に膝をつきながらロック調で歌い上げる。

img_2

新曲2曲が終わったところで、「皆が笑顔で幸せな気持ちで帰れるように、私も全力で楽しんでいきます!」とこの日の意気込みを語ると、続いても新曲を披露することに。この新曲の情報が発表されるや否や、SNS界隈で騒然となった「ダイキライダヨSNS」(作曲:ゆよゆっぺ)は、タイトルもさることながら歌詞にも挑発的なことばが並ぶ、今までのhibikuからは想像もつかない意欲作。「ダイキライ」と言いながらも離れられない人間味溢れる感情を、ゆよゆっぺのジャジーな音楽に乗せてぶつけると、ひびクルー(hibikuファンの呼称)も一緒に「S・N・S!」と拳を突き上げて叫んでいた。

img_4

そしてここからは、山村響が声優として演じてきたキャラクターソングや関わって来た作品の主題歌をセルフカバーしていくセクションへ。「FULLSCRATCH LOVE」(TVアニメ『フレームアームズ・ガール』より)、「Showtime!Dress up!」(TVアニメ『Go!プリンセスプリキュア』より)、「ベィビィバード!〜ガクエンロジック〜」(TVアニメ『ひなろじ~from Luck & Logic~』より)の3曲を連続で歌唱すると、会場の熱量もあって思わず「あっつい!」と声を漏らす。物販で販売されていたフェイスタオルで額から落ちる汗を拭いながらさり気なくTシャツやパンフレットの販促も行なうと、お待ちかねの「PUNCH☆MIND☆HAPPINESS」(TVアニメ『あんハピ♪』より)の時間だ。事前練習を呼びかけていただけあって、ひびクルーが担当する合いの手と振りがバッチリはまり、ただでさえ暑い会場をさらに熱くさせた後は、シークレットの「明日でいいから」(TVアニメ『あんハピ♪』より)をしっとりと演唱した。

img_18

「冴えない私をいつの日も輝かせてくれたのは、夢と現実が交わる世界で出会えたキミたち。今夜も、駄目な私を最高に可愛くする魔法をかけてよ」という語りから入った新曲「Love Magic 〜素直になれないアタシが最高に可愛くなれる魔法〜」(作曲:ヒゲドライバー)では声優・山村響が、自分を選んでくれたキャラクターたちとともに命を燃やして生きる想いを、ラップに乗せて魔法のように唱えた。そのあとには、昨年行われた、この歌を作曲したヒゲドライバーのバンド・ヒゲドライVANとの対バン時にカバーをし、その時にはベストが出なかったという彼らの楽曲である「透明少女」をリベンジの意味も込めて歌い上げた。

そしてシンセサイザーが奏でるイントロが流れ、ステージにゆよゆっぺがギターを持って登場すると、hibikuはボイトレ指導も受けて挑んだ高音バラード曲「Palette」を原キーで高らかに歌い上げた。このパフォーマンスに会場からは拍手が鳴り止まず、作曲者であるゆよゆっぺは「普段は客演でギターを弾くことはないが、hibikuさんにお世話になったから」と、ステージ上で初めて「Palette」を演奏したことを明かした。

img_22

ライブもいよいよ終盤戦に突入すると、こちらも楽曲発表時に話題になった、Blue Steelsの「エガオマニア」のリズムが。事前に収録されていた篠崎あやととヒゲドライバーのコーラスは勿論、ひびクルーたちのコーラスも響き渡り、WWWをエガオで溢れさせた。そのまま『蒼き鋼のアルペジオ -アルス・ノヴァ-』つながりで曲目をTridentの「Blue Destiny」へと移すと、ユニットでお馴染みだった振りを少し見せる場面もありながら、バンドバージョンでの独唱を終えた。

TOKYO LOGICの村田社長からは、今回はTridentの曲を歌わないようにしようと言われていたようだが、hibikuは「自分の中で抱えていたTridentへの様々な想いが解消された今の私だからこそ歌いたいくて、一番好きなこの楽曲を選びました」と晴れやかな表情で語った。本編ラストは「キミが音楽を聴く10の理由」ということで、今度はヒゲドライバーがギターを持って登場し、歌唱を担当したhibiku自身も救われたというこの曲を実に楽しそうに力強く演奏していた。曲の終わりにhibikuが「全ての音楽に、ありがとう!」と叫び、ステージから降りて会場は暗転した。

img_28

これでは終われないとばかりにひびクルーたちのアンコールの声が響く中、物販スペースで販売されていたライブTシャツ姿でhibikuが現れると、ライブ用の新曲であり、両親への愛を綴った「太陽と月に捧げる花束」(作曲:emon)を、”おしゃラップ”で披露した。ここで、着替えた後ながらも衣装の話になり、今までは裸足で歌っていたものの、今回はライブに向けて走り込みをしている時と同じような、飾らない格好のままで臨みたいという想いがあって、スニーカーを履いてのステージングとなったことを明かした。この衣装の変化も含め、自分の中にある「こうでなきゃ」という固定観念を捨てて、丸裸で様々なことに挑戦してきたいと真剣な面持ちで語る彼女は、「はだしのお姫さま」(作曲:Powerless)で、服やアクセサリーで飾り立てることだけが美しい訳ではない、自分らしさの大切さを説くように表現した。

img_35

ここで、ライブの演奏を務めたバンドメンバーの紹介に。ドラム・今井義頼、ベース・Backy、ギター・目木とーる、キーボード&バンマス・佐藤和豊が紹介されると、ゲストのゆよゆっぺとヒゲドライバーも再度登場した。ゆよゆっぺは「この幸せ空間に呼んでいただいてありがたい」、ヒゲドライバーは「会場のホーム感、受け入れ感が凄かった」「ヒゲドライバーどうせ来るんだろ、みたいな(笑)」と、hibikuと来場客への感謝の言葉を述べた。

そしてhibikuは、冒頭のオープニングSEについて言及する。自身としては、ブルー・フィールドは今回歌わないため、あまりにわかりやすい感じにしてほしくない気持ちを伝えたところ、TOKYO LOGICの村田から「気持ちはわかるけど、この曲から全てが始まっているのだから、オープニングにしたい我々の気持ちも汲んでください」といったやり取りがあり、今回こういったSEになったことを明かした。

img_45

さらに、せっかくのバースデーライブということで誕生日をお祝いしたいとひびクルーから提案があり、全員でバースデーソングを歌って「おめでとう!」の言葉が投げかけられた。そしてお祝いを受け取ったhibikuから重大発表が。なんと今回のライブで初披露された新曲6曲と、昨年の”ひびヒゲ”2マン時にデモ版が配布された「ロールプレイングライフ」(作詞:hibiku、作曲:ヒゲドライバー)を収録したミニアルバムが、2018年6月6日(水)に発売決定したとのこと!この発表を受けて、会場には先ほどに勝るとも劣らない祝福の言葉が降り注いだ。

img_51

ラストソングは、「ロールプレイングライフ」。”ひびヒゲ”2マン後にヒゲドライバーが「お互いで作り上げた、この未来へ向かっていく曲で最後にしめられたのも、すごくよかったなと思います」と語っていた曲で再びライブを締めると、hibikuが「全ての皆に幸せが降り注ぎますように!」と高らかに叫んでライブの幕を下ろした。

2月10日に誕生日を迎えた彼女だが、バースデイライブが開催された2018年2月12日は、新生・hibikuが生まれた日としてひびクルーたちの記憶に刻まれたことだろう。自らの手によって「ハジマリの合図」を出したhibikuが、再び走り出した。そんな光景を目の当たりにした我々としては、この日の音楽の味を噛み締めながら、全速力で駆け抜ける彼女の背中を追いかけ、サポートしていかなければいけないと強く思った一日だった。

img_52

■「hibiku Birthday Live 2018〜ハジマリの合図〜」セットリスト

M01. ハジマリの合図
M02. 笹塚
M03. ダイキライダヨSNS
M04. FULLSCRATCH LOVE
M05. Showtime!Dress up!
M06. ベィビィバード!〜ガクエンロジック〜
M07. PUNCH☆MIND☆HAPPINESS
M08. 明日でいいから
M09. Love Magic 〜素直になれないアタシが最高に可愛くなれる魔法〜
M10. 透明少女
M11. Palette
M12. エガオマニア
M13. Blue Destiny
M14. キミが音楽を聴く10の理由

EN01. 太陽と月に捧げる花束
EN02. はだしのお姫さま
EN03. ロールプレイングライフ

 

■hibiku ミニアルバム情報
タイトル:未定
発売日:2018年6月6日(水)
価格:未定
収録曲:
・ハジマリの合図
・笹塚
・ダイキライダヨSNS
・Love Magic 〜素直になれないアタシが最高に可愛くなれる魔法〜
・太陽と月に捧げる花束
・はだしのお姫さま
・ロールプレイングライフ
(全7曲)

FEATURE!!

interview_mat_eyecatch

AKIBA’s GATE 声優養成所/新人声優特集
連載第1回
WAHO學院(EARLY WINGグループ)/松永一輝さん

interview_tati4_eyecatch

AKIBA’s GATE 立花理香さん特集
連載第4回「アイドル」について

interview_tati3_eyecatch

AKIBA’s GATE 立花理香さん特集
連載第3回「モーションキャプチャー」について