FEATURE!!

FAVORITES

  • Top
  • 石見舞菜香、入野自由、梶裕貴らが映画『さよ朝』舞台挨拶に登場! 梶「自分の想像以上のものが表現できた」

石見舞菜香、入野自由、梶裕貴らが映画『さよ朝』舞台挨拶に登場! 梶「自分の想像以上のものが表現できた」

sayoasa

sayoasa

岡田麿里初監督作品『さよならの朝に約束の花をかざろう』の初日舞台挨拶が、本日2月24日(土)に東京・新宿バルト9で開催された。

『さよならの朝に約束の花をかざろう』は、『あの日見た花の名前を僕達はまだ知らない。』『心が叫びたがってるんだ。』『暗黒女子』などの脚本を手掛けた岡田麿里が監督・脚本を務める最新作。舞台挨拶には、MCにサンキュータツオを迎え、声優の石見舞菜香(マキア役)、入野自由(エリアル役)、梶裕貴(クリム役)と、rionos(歌手)、岡田麿里(監督・脚本)、堀川憲司(プロデューサー/P.A.WORKS社長)が登壇した。

公開初日を迎えての心境を聞かれた岡田は「企画が始まって5年、制作を始めて3年かかり、こうして皆さんに観ていただく日のために皆で頑張ってきたので、今は嬉しい気持ちと緊張が一杯です。TVシリーズと異なり、観てくださった方からの反応が無いので、時に不安になりながら声を掛け合って作ってきました」と感慨深げに語る。

img_5

初の劇場版作品で主役を演じた、新人の石見は「初めての劇場作品へのしゅちゅえ……出演というのもあって(笑)、早く全国の方に観ていただきたいと思っていたので、こうして初日を迎えられてとても幸せな気持ちです」と語りながら、かなり緊張している面持ち。そんな彼女を見た入野から、前日の石見は緊張で深夜まで眠れなかったと聞いたとのエピソードを明かし、その初々しさに壇上が柔らかい雰囲気となった。

img_3

そんな入野は「監督とは『あの花』でご一緒させていただき、またいつか関われたらなと思っていた時にこんな素敵な作品に参加できて、完成を楽しみにしていましたし、素直にものすごく嬉しいです」、「オーディション時に設定資料を見て、難しい内容なのかと思っていたのですが、台本をいただいて読んでみたらものすごく感動し、その場で麿里さんに『めっちゃ感動しました。絶対に素敵な作品になりますね、よろしくお願いします』とメールをしました。”ありがとう”という気持ちと”おめでとう”という気持ちで一杯です」と、その喜びを語った。

img_8

同じく、これまで岡田監督が脚本を担当してきた作品に出演している梶は「初監督作品ということで、今までの感謝の意味を込めて何かお手伝いさせていただきたいという気持ちの中、素敵な役を演じる機会をいただけて嬉しかったです」と胸中を明かし、「プレスコ(台詞を先行して収録してアニメーションをつくる手法)の段階から感情移入して、キャラクターの気持ちや物語の展開に胸を刺されるような思いで、みんな涙を零しながら収録したのを覚えているので、その時の感動をご覧いただけて嬉しいです」と続けた。

img_1

台本の読み合わせを行なった2年前の時点で、まだ事務所に入って間もなかった石見は「現場に立つ経験が無くて本当に不安でしたが、たくさんの尊敬する先輩に支えていただきながら、マキアと向き合っていけたなと思います」としっかりしたコメントのあと、孤児の赤ん坊・エリアルを母がわりに育てるマキアについて「私は母になった経験がまだ無いので…」と話すと、会場から温かい笑いが起こった。

img_7

性格がマキアと近いところもあるという石見は「台本で読み取れなかったところを入野さんがアドバイスしてくださったりとか、色んなことを教えていただき、助けていただきました」と感謝の言葉を述べると、入野は「アドバイスというほど大層なものではなくて、僕が先輩方に色々教えてもらって、自分の中でこういうことが大事だと思ったことを(石見に)渡しました」と先輩らしくコメントすると、先ほども話題に挙がった”本読み”について話題が移る。

事前に本読みをしてから収録に臨むという、TVアニメ作品などではあまり見受けない方式について、梶は「そこから作品にかける監督やスタッフの気持ちが伝わってきて、僕たちもそれに乗っかって、読み合わせから全力投球でやってこられました」と振り返ると、入野も「アニメだと本読みの時間が無かったりするのですが、今作はすごく良いものが出来上がったので、今後も特に映画のアニメ作品では続けてほしいし、そういう作品が増えたらいいな」と同調。この作品の出演者が個人的に尊敬している役者ばかりでテンションが上がったという梶は「自分の感性は間違ってないなと再確認できましたし、皆さんの芝居に刺激されて、自分が想像していた以上のものが表現できました」と充実感を漂わせた。そして、石見がマキアと近いところがあると述べていたことを受け、

「僕がクリムと似ているとなると、観終わった皆さんは”アイツ大丈夫か?”ってなるのでは……」(梶)
「たぶん麿里さんは、そういう部分を見抜いて……」(入野)
「クリムが後半以降少し病んでしまう感じになりましたけど、そちらの方がとてもやりやすかった(笑)」(梶)

と絶妙な掛け合いを見せ、ファンの笑いを誘った。

img_6img_2

そうした声優陣の熱演ぶりについて岡田は「クリムは台詞だけだと少し病んでいるところが強くなるのですが、梶さんの人柄もあって真面目で、病んでいても優しさがあって、キャラの表情も穏やかな切なさが強調されていた」と、声からもらったものが大きかったと振り返る。

主題歌を歌うrionosは「アーティストなのでポエミーな言い方になっちゃうのですが(笑)」と前置きし、本作について「人生には一度しか咲かない花のような瞬間が確かにある」「色々な別れを誰もが経験し、その瞬間は辛いものになってしまいますが、かけがえのない日々を思い出して、”悲しかった別れも含めて全ては良いことだったんだ”と思えるまで生きたい、という風に思わせてくれる、生きる希望を与えてくれる作品」と表現した。

img_4

そんな彼女について岡田が「舞菜香ちゃんの声を聴いた時に”見つけた”と思ったのですが、rionosさんの曲も同じようにマキアを感じるというか、(主題歌の)『ウィアートル』をいただいてからスタッフも聴きながら作業していて、支えられました」と感謝すると、堀川は「僕は聴いていたというより、ずっと歌っていたんですけど(笑)」と楽しげな現場の雰囲気を伝えながら、「僕らは作品をつくることが自分の生きた証だと思っているので、何が今まで記録できただろうか、これから何が記録できるのかを考えさせられるアニメになったと思うので、制作過程が色々ある中で綺麗なだけではなく深いものになった」とその胸中を語った。

img_9

最後に岡田が「スタッフ、キャスト、関係者すべての人たちのおかげで1つの作品が織り上がったなと思っております。そして皆様に見ていただくことで完成したんだと、幸せを感じています」と述べ、舞台挨拶を締めくくった。

img_10img_11

© PROJECT MAQUIA

 

 

COMMENT コメント

CATEGORY INDEX

FEATURE!!

interview_mat_eyecatch

AKIBA’s GATE 声優養成所/新人声優特集
連載第1回
WAHO學院(EARLY WINGグループ)/松永一輝さん

interview_tati4_eyecatch

AKIBA’s GATE 立花理香さん特集
連載第4回「アイドル」について

interview_tati3_eyecatch

AKIBA’s GATE 立花理香さん特集
連載第3回「モーションキャプチャー」について