FEATURE!!

FAVORITES

  • Top
  • フィギュアの祭典・ワンフェス2017[夏]に行ってきました! [イベントレポート]

フィギュアの祭典・ワンフェス2017[夏]に行ってきました! [イベントレポート]

wf

wf

フィギュアや模型の展示・販売イベント『ワンダーフェスティバル2017[夏]』が、7月30日(日)千葉・幕張メッセで開催された。ここでは会場の様子を取り上げていく。

企業ブースでは等身大フィギュアや、大型のフィギュアが目白押し!
ワンフェスは企業と一般でそれぞれブースを分けており、企業ブースはガレージキット・ゲーム・食玩メーカーなどが多数出展している。ここでしか買えない限定品や新製品の展示を行っており、それらをいち早く見ようと多くの参加者が列を作って並んでいた。また、会場内の至るところで大小さまざまなイベント企画も行われ、賑わいを見せていた。

dscf1174

たくさんの人がブースの展示物に並んだり、お目当てのブースへと移動していた。

%e3%83%a2%e3%82%b6%e3%82%a4%e3%82%af

ゲーム作品『NieR:Automata』の原型展示物。話題作ともあり、多くの人が並んでいた。

dscf1240
株式会社フレア:『NieR:Automata』ヨルハ二号B型

アルターブースでは、アニメ『劇場版 ソードアート・オンライン -オーディナル・スケール-』のアスナとシノンの原型が公開されていた。

dscf1288
 アルター:『劇場版 ソードアート・オンライン -オーディナル・スケール-』アスナ

dscf1292
 アルター:『劇場版 ソードアート・オンライン -オーディナル・スケール-』シノン

有名作品が展示されている中、テトラポッドなどマニアックなものが展示・販売されていた。使いようによっては面白いジオラマ作品が作れるかも…?

dscf1315
海洋堂:『四万十ソフビファクトリー』テトラポッド

今回のワンフェス2017[夏]では、30㎝以上の大きいサイズや等身大スケールの模型が多く展示されているのが印象的だった。リアル指向な作品では精巧な作りに迫力を感じ、萌え系作品では画面の中でしか存在しなかったキャラクターが現実の世界に出てきたような不思議な感覚を覚えた。

dscf1548
FIGUREX:『Re:ゼロから始める異世界生活』レム&ラム

dscf1543
FIGUREX:『俺の妹がこんなに可愛いわけがない』黒猫&新垣あやせ

dscf1197
エリートクリーチャーコレクタブルズ:『アイアンマン』アイアンマン

リアルな造形で有名なプライムスタジオ1のブースでは、『ベルセルク』や現在公開中の映画『トランスフォーマー/最後の騎士王』に登場するキャラクターなどが展示されていた。

dscf1242
プライム1スタジオ:『ベルセルク』ガッツ

dscf1244
プライム1スタジオ:『ベルセルク』狂戦士

dscf1257
プライム1スタジオ:『トランスフォーマー/最後の騎士王』メガトロン

dscf1262
プライム1スタジオ:『トランスフォーマー/最後の騎士王』スクィークス

■一般ブースでは個性溢れる作品が登場

一般ブースは企業と異なり、個人あるいはサークル単位で出展しており、彼らのことは”ディーラー”と呼ぶ。造形物はオリジナルの創作作品、版権物の二次創作作品など様々なものを展示・販売をしている。版権物に関しては、当日に限り許可をもらって販売しているので、安心して購入することができる。
ただし、購入する際に注意して欲しいのが、ディーラーが販売しているのは”ガレージキット”と呼ばれる未塗装の組み立て式模型のため、購入後は自分で組み立て、色付けを行わなければならない、いわば上級者向けなのである。
しかし、中には完成品や簡単な組み立て式のものもあるので、不安な方はディーラーに聞いてから購入するのが良いだろう。

一般ブースも企業ブースに劣らないほどの多くの参加者が来場し、各々お目当ての作品を購入したり、展示されている作品を眺めて楽しんでいる様子だった。

dscf1326
一般ブースの様子

こちらのディーラー、キグルミ×造形サークルの「ぬこ☆パン」では着用可能な素のお面が販売されており、自分の好みの顔を制作して楽しむことができるそうだ。

dscf1347
サークル:ぬこ☆パン

また、実際のお面を使用したドールが展示されていた。

dscf1344
サークル:ぬこ☆パン

個人ディーラーの中には1/1スケールを制作・展示をする猛者もおり、企業のものと劣らないクオリティ。

test
サークル:SAKAKI Workshops

dscf1362
サークル:SAKAKI Workshops

他にも野菜をモチーフにしたシュールな作品や、

dscf1353
サークル:音波屋

dscf1354
サークル:音波屋

動物たちが胡坐や正座などキュートなポーズを取る作品を販売しているブースも。

dscf1382
サークル:猫地蔵

dscf1377
サークル:猫地蔵

こちらのオリジナルのキャラクターは、サビ具合や独特の雰囲気が表現され、素晴らしい作品だった。

dscf1334
サークル:CHIKA TOYS

ここまで紹介した作品は、ほんのごく一部に過ぎないものとなっている。会場内には個性的な作品や精巧な作品がたくさんあるので、ぜひ現地で鑑賞することをおすすめする。

次回は2018年2月に開催されるので、これを機会に興味を持った方は公式HPで詳細を確認しよう。

■イベント開催情報
ワンダーフェスティバル2018[冬]
日程:2018年2月18日(日) 10時~17時
場所:幕張メッセ 国際展示場
入場料:2,500円(小学生以下無料)

FEATURE!!

interview_ono4_eyecatch

AKIBA’s GATE 小野賢章さん特集
連載第4回「SNS/家電」について

interview_ono3_eyecatch

AKIBA’s GATE 小野賢章さん特集
連載第3回「プライベート」について

yoshimizu_cover_img0

次世代ビジュアルアートの旗手
コンセプトアーティスト よー清水インタビュー