FEATURE!!

FAVORITES

  • Top
  • 漫画
  • 【スペインで見つけた日本のマンガ】その⑥ 車田正美の『聖闘士星矢』

【スペインで見つけた日本のマンガ】その⑥ 車田正美の『聖闘士星矢』

dscf3188-tri

dscf3188-tri

15回にわたり集中連載した「第35回バルセロナ国際コミックフェア」。訪れた会場のあるスペインで、人々は驚くほど多くの日本のマンガに親しんでいた。スペインの本屋で実際に見つけた日本のマンガを紹介していくこの連載第6回目は、車田正美の『聖闘士星矢(SAINT SEIYA)』について取り上げる。

1986年から週刊少年ジャンプで連載が始まり、TVアニメ化もされた『聖闘士星矢』。ローマ文明と並び、西欧文明の礎といえるギリシアをモチーフにしている。

「聖衣(クロス)」という星座由来のデザインを施した鎧は、あまりにも優美で、フィギュア関連の商品は現在でも根強い人気がある。戦闘がメインのストーリーだが、キャラクターは少女マンガのような美形戦士で星座好きの女子をも虜にした。

「ダイヤモンドダスト」と言われると本来の自然界の現象よりも、このマンガに出てくる技を連想する人も多いかもしれない。誰かの体から湯気がのぼるる状況を「小宇宙(コスモ)が出ている」と表現するのも『聖闘士星矢』の影響が大きい。

世界的に普及している星座や、西洋文明の源、ギリシア神話に深く関連しているだけに、欧州で読まれているのは頷ける。

 

<連載第5回はこちら>

【スペインで見つけた日本のマンガ】その⑤ 冨樫義博の『HUNTER×HUNTER』

FEATURE!!

interview_ono4_eyecatch

AKIBA’s GATE 小野賢章さん特集
連載第4回「SNS/家電」について

interview_ono3_eyecatch

AKIBA’s GATE 小野賢章さん特集
連載第3回「プライベート」について

yoshimizu_cover_img0

次世代ビジュアルアートの旗手
コンセプトアーティスト よー清水インタビュー