FEATURE!!

FAVORITES

  • Top
  • 漫画
  • 【漫画 × バンド・デシネ!】その⑬ メビウスの『アンカル』

【漫画 × バンド・デシネ!】その⑬ メビウスの『アンカル』

2017-05-06-19-11-tri-e

2017-05-06-19-11-tri-e

「バンド・デシネ」連載第13回目は、メビウス(作画)の『アンカル』 (L’Incal )について取り上げる。

『アンカル』は、探偵のジョン・ディフールが、宇宙の命運をにぎる謎の生命体”アンカル”を偶然手に入れるところから展開する。そして政府機関、武装組織、異星人が宇宙征服の野望のためにアンカルを追い、壮大な宇宙をまたにかけた争いにジョンが巻き込まれていく。

カルト映画『エル・トポ』で知られる奇才ホドロフスキーの原作に、映画『エイリアン』のデザイナーも務めたフランスの巨匠・メビウスが作画。この最強タッグの作品がフランスで発表された80年代当時、日本にもすぐ上陸したが、注目はほとんどされなかった。

当時の日本人の食いつきはサッパリだったものの、その高い芸術性は現在も世界各地で高く評価されており、ついに2010年に日本再上陸を果たした。“分かる人”にだけ分かるアート。30年の時を経て、現代の日本人は“分かる人”になっているだろうか。

宇宙という異次元の世界を表現する迫力のイラストは、「やっぱりメビウスだ」とうならせる。あなたのアンテナが反応するかどうか、一度この幻の長編作に触れてみてはどうだろうか。

 

<連載第12回はこちら>

【漫画 × バンド・デシネ!】その⑫ ペヨの『スマーフ』

 

(C) Alexandro Jodorowsky, Mœbius

FEATURE!!

interview_ono3_eyecatch

AKIBA’s GATE 小野賢章さん特集
連載第3回「プライベート」について

yoshimizu_cover_img0

次世代ビジュアルアートの旗手
コンセプトアーティスト よー清水インタビュー

interview2_eyecatch

AKIBA’s GATE 小野賢章さん特集
連載第2回「家族・キャラ」について