FEATURE!!

FAVORITES

  • Top
  • 漫画
  • 【漫画 × バンド・デシネ!】その⑤ ヤマザキマリの『Palmyre au Musée 美術館のパルミラ』

【漫画 × バンド・デシネ!】その⑤ ヤマザキマリの『Palmyre au Musée 美術館のパルミラ』

main_img-2

main_img-2

「バンド・デシネ」連載第5回目は、ヤマザキマリの『Palmyre au Musée 美術館のパルミラ』について取り上げる。

少年が見た幻の光景と美女。そこはかつて栄えていた都市だったが、今は見渡す限りの砂漠だ。

ローマ帝国時代に栄華を極めたパルミラの遺跡と、遠く離れたルーヴルに大事にひんやりと所蔵される遺跡の断片。その石のかけらの故郷にあたる現在のシリアでは、30万人以上の尊い命が奪われ、400万人以上の人が家を追われ難民と化し、今もなお紛争が続いている。

そこでは、無惨にも人類の遺産が次々と破壊されている。ストーリーに出てくるように、実際に考古学者の老人が身を挺して遺跡を守ろうとして、武装勢力に殺害される痛ましい事件もあった。

過去と現在、シリアとルーヴルの空間、幻想と現実、この3つの対極を妙味に行き来し、何とも不思議な世界に誘われる。

ローマ文明は地中海世界を席巻し、フランスはもちろん現在の欧州文明の礎を築いた。
作者のヤマザキマリは、イタリアで美術を学んだ経験がある。また、彼女の夫がイタリア人文学研究者のため、日々の食卓で古代イタリアの物語を聞かされていることが、創作に大きく影響を与えている。

ヤマザキは実際にシリアでも暮らしたことがあるため、故郷への愛、平和への願い、人間に対する普遍的なメッセージを作品の中に見てとることができる。

 

<連載第4回はこちら>

【漫画 × バンド・デシネ!】その④ 日本で起きた世界初の化学兵器テロ『MATSUMOTO』

 

(C) Louvre

COMMENT コメント

  1. Trudy 2017/04/23 9:03 PM

    SNS SELECT

    également une grande aversion pour les huissiers de justice et pour tout ce qui se trame dans les tribunaux, généralement très éloigné de la notion de justice.Les jeux comme les échecs et les dames ne m&tssuo;inréreqsent pas vraiment, le go peut-être…

MORE 10 COMMENTS

CATEGORY INDEX

FEATURE!!

yoshimizu_cover_img0

次世代ビジュアルアートの旗手
コンセプトアーティスト よー清水インタビュー

interview2_eyecatch

AKIBA’s GATE 小野賢章さん特集
連載第2回「家族・キャラ」について

interview1_eyecatch

AKIBA’s GATE 小野賢章さん特集
連載第1回「舞台・役者業」について