FEATURE!!

FAVORITES

  • Top
  • 漫画
  • 【第23回サロン・デル・マンガ現地リポート】日本アニメ生誕100年展!『塙凹内名刀之巻』

【第23回サロン・デル・マンガ現地リポート】日本アニメ生誕100年展!『塙凹内名刀之巻』

サロン・デル・マンガ スペシャル!

11月初旬にスペイン・バルセロナで開催された日本の漫画やアニメの祭典「バルセロナ・サロン・デル・マンガ(23 Saló del Manga de Barcelona)」では、日本のアニメ生誕100年を記念し、その歴史を紐解く展示が行われた。今回の連載では1917年に制作された、幸内純一の『塙凹内名刀之巻(はなわへこないめいとうのまき)』を紹介する。

別名は『なまくら刀』ともいい、1917年(大正6年)に小林商会が制作したその作品は、現存する日本最古の“アニメ”だ。

以前までは、作られた事実自体は知られていたものの、フィルムの実物は残っていないとされてきた。しかし今世紀になって、偶然骨董市で超プレミア映像が見つかったのだ。

昔の白黒映像のように、コマ毎にカタカタと動くアニメーションで、侍が刀で誤って自分の指をちょっと切ってしまったり、鞘になかなか収まらなかったりと、コメディタッチで表情の変化も愛嬌あふれている。

あるシーンでは、買ったばかりの刀の試し切りにと、辻斬りに臨む侍……。盲目の按摩に背後から近づくと、逆にゲタで後ろ蹴りを食らうわ、飛脚に挟み箱で殴られて踏まれるわ、武士の面目丸つぶれだ。

刀が宙をスローモーションで舞って手元にぴたりと戻ってくるなど、遊びも心満載。現代の私たちが見ても、思わず笑ってしまい、当時から日本はアニメのセンスがあったことを証明している。

『塙凹内名刀之巻(はなわへこないめいとうのまき)』、別名は『なまくら刀』(1917年)

 

「バルセロナ・サロン・デル・マンガ」の現地リポート、次回も乞うご期待!

FEATURE!!

interview_ono4_eyecatch

AKIBA’s GATE 小野賢章さん特集
連載第4回「SNS/家電」について

interview_ono3_eyecatch

AKIBA’s GATE 小野賢章さん特集
連載第3回「プライベート」について

yoshimizu_cover_img0

次世代ビジュアルアートの旗手
コンセプトアーティスト よー清水インタビュー