FEATURE!!

FAVORITES

  • Top
  • 漫画
  • 【第23回サロン・デル・マンガ現地リポート】”日本的”漫画を描いたスペイン人アーティストKENNEOS追悼展

【第23回サロン・デル・マンガ現地リポート】”日本的”漫画を描いたスペイン人アーティストKENNEOS追悼展

サロン・デル・マンガ スペシャル!

11月初旬にスペイン・バルセロナで開催された日本の漫画やアニメの祭典「バルセロナ・サロン・デル・マンガ(23 Saló del Manga de Barcelona)」の前回レポートでは、スペインのアニソン歌手・アイリー ヤミ(Airii Yami)を紹介した。同祭典では、日本の影響を受けたもう一人のアーティスト・KENNEOSの追悼展も行われていた。

dscf5266

ムルシア出身のイラストレーター・KENNEOS(本名:ビクトリア・チャミソ)の作品は「カワイイ」や「萌え」などのコンセプトが特徴的で、生前は日本の漫画特有のスタイルを採りいれて、ロリータ・メイド・着物・日本の伝承などといったものを好んで描いた。

また時には、『不思議の国のアリス』など欧州のスタイルと融合させる斬新な試みも行っていた。学業を中断してまでマンガに打ち込んでいた彼女は、スペインで活動が軌道に乗り始めたばかりの2016年8月、冠動脈疾患で若干28歳にしてこの世を去った。

KENNEOSについて、この展示会場の品評は「スペインのアーティストが20年以上前から、日本の漫画やアニメに影響を大きく受けていたことを示す良い例だ」と位置付けた。現在も生きていれば、より多くの日本的な作品を生み出していたことだろう。

dscf5270

「バルセロナ・サロン・デル・マンガ」の現地リポート、次回も乞うご期待!

 

FEATURE!!

interview_ono4_eyecatch

AKIBA’s GATE 小野賢章さん特集
連載第4回「SNS/家電」について

interview_ono3_eyecatch

AKIBA’s GATE 小野賢章さん特集
連載第3回「プライベート」について

yoshimizu_cover_img0

次世代ビジュアルアートの旗手
コンセプトアーティスト よー清水インタビュー