FEATURE!!

FAVORITES

  • Top
  • 漫画
  • 【漫画 × バンド・デシネ!】その㉘ アンドレ・フランケンの『ガストン・ラガフ』

【漫画 × バンド・デシネ!】その㉘ アンドレ・フランケンの『ガストン・ラガフ』

「バンド・デシネ」連載第28回目は、アンドレ・フランケンの『ガストン・ラガフ(Gaston)』について取り上げる。

『ガストン・ラガフ』は、1957年にベルギーで制作が始まったギャグ漫画。実在する「スピルー新聞」の関連会社で働く主人公ガストン・ラガフが、趣味や遊びに興じそのしわ寄せで、〆切前にアタフタする日常を描く。

ちなみに同作者は『スピルーとファンタジオ』にも参画していることもあり、キャラクターの新聞記者ファンタジオも度々、友情出演している。

会社にはフレディという常連の泥棒が侵入するが、いつも偶然ガストンが発見し、失敗してしまう。その際、同僚たちは警察に差し出すこともせずに、ガストンに企てをくじかれた泥棒に同情し、逃がすというオチがついている。この辺の、理屈では片づけられない人情は、日本人の心にも響くものだ。

ガストンは、トップスピードでも走行中に道端の花がつめてしまうという、のろまの旧車Fiat 509をこよなく愛する。

大人になりきれない子供、または子供じみた大人といった風で年齢不詳だ。生き物が大好きで、攻撃的なカモメ、マウス、金魚などのペットがいる。

こちらのイラスト、3匹の亀に縄をつけているところが、どことなく同じギャグ漫画の『おぼっちゃまくん』をほうふつさせる。

 

<連載第27回はこちら>

【漫画 × バンド・デシネ!】その㉗ レイモン・マッシュロの『クロロフィル』

 

 

©

André Franquin

FEATURE!!

interview_ono4_eyecatch

AKIBA’s GATE 小野賢章さん特集
連載第4回「SNS/家電」について

interview_ono3_eyecatch

AKIBA’s GATE 小野賢章さん特集
連載第3回「プライベート」について

yoshimizu_cover_img0

次世代ビジュアルアートの旗手
コンセプトアーティスト よー清水インタビュー