FEATURE!!

FAVORITES

  • Top
  • アニメ
  • 『この世界の片隅に』片渕須直監督の解説付き『マイマイ新子』が緊急文庫化

『この世界の片隅に』片渕須直監督の解説付き『マイマイ新子』が緊急文庫化

001

001

大ヒットを記録したアニメ映画『この世界の片隅に』を手掛けた片渕須直監督の過去作『マイマイ新子と千年の魔法』の原作小説が、同氏の解説付きで文庫化する。芥川賞作家・髙樹のぶ子による原作小説『マイマイ新子』は、昭和30年代の山口県国衙(こくが)を舞台とした物語。『この世界の片隅に』と同様に日常を丁寧に表現している作品で、ヒット作のルーツとして、再注目を浴びている。

文庫版には片渕須直監督の解説に加え、浦谷千恵作画監督の描き下ろし挿画が付く。刊行日は6月8日(木)。

img_128120_3

■『マイマイ新子』(ちくま文庫)内容紹介

新子はマイマイ(つむじ)をピンと立て、妹や友達と今日も元気に駆けまわる。大好きなおじいちゃんが作ってくれたハンモックは二人だけの秘密。昭和30年の山口県国衙を舞台に、戦争の傷を負いながらも懸命に生きる大人たち。変わりゆく時代の中で成長する日々を懐かしくも切なく描いた傑作。

■片渕須直監督の解説(抜粋)

ようやく『マイマイ新子と千年の魔法』という題でアニメーション映画化しようと目論みが立った頃には、毎日毎日日が暮れるまで遊びまわった子ども時代の楽しさなどというものに留まらない「描くべきもの」が自分の中にも蓄積されていたようだった。あらためてお目にかかった髙樹さんからはこのようにいわれた。
「映画に作るときにどういうふうに変えていただいてもかまわないんです。ただひとつここは大事にして欲しいというものがあります」
――それは『切なさ』なんです。
と、髙樹さんは続けられた。もはや意外とも思わず受け止めることが出来たように思う。

■ちくま文庫『マイマイ新子』

著者:髙樹のぶ子
刊行日:6月8日(木)
定価:本体680円+税
解説:片渕須直
挿画:浦谷千恵

FEATURE!!

interview_ono3_eyecatch

AKIBA’s GATE 小野賢章さん特集
連載第3回「プライベート」について

yoshimizu_cover_img0

次世代ビジュアルアートの旗手
コンセプトアーティスト よー清水インタビュー

interview2_eyecatch

AKIBA’s GATE 小野賢章さん特集
連載第2回「家族・キャラ」について