FEATURE!!

FAVORITES

  • Top
  • アニメ
  • 演劇『ハイキュー!!』 第3弾はセッターが織りなす協奏曲‼<ゲネプロ映像&写真追加>

演劇『ハイキュー!!』 第3弾はセッターが織りなす協奏曲‼<ゲネプロ映像&写真追加>

5-1

5-1

「ハイパープロジェクション演劇『ハイキュー!!』“勝者と敗者〞」が本日3月24日(金)より、TOKYO DOME CITY HALLにて開幕。初演前にはゲネプロが行われ、主要キャスト5名と演出家が囲み取材に応じた。

2015年の1作目から好評を博し、シリーズ3作目となる本公演。原作は古舘春一によるバレーボール漫画『ハイキュー!!』だ。新作では、インターハイ宮城県予選での青葉城西高校との激闘が描かれる。

囲み取材には烏野高校から日向翔陽役の須賀健太、影山飛雄役の木村達成、菅原孝支役の猪野広樹、青葉城西高校から及川 徹役の遊馬晃祐、岩泉 一役の小波津亜廉、そして脚本・演出を手掛けたウォーリー木下が登場。作品の見どころが語られた。

1

須賀は「はじめて作品を俯瞰で見れる瞬間があり、個人としてその点が面白く、毎日稽古をしてきた」とコメント。加えて「音楽との寄り添い方にも注目してほしい。作品自体がひとつの協奏曲のようになっている」とポイントを紹介した。

ストーリーの鍵を握るのは、チームメイトにトスを上げる‶セッター″の存在だ。烏野高校でセッターを務めるキャラクター、影山飛雄・菅原孝支は同じポジションを争う関係。そしてライバル校を率いる及川 徹は、中学時代の影山の先輩にあたる。木村は「今回はセッターに焦点が当たっている。それぞれのセッターの良いところを吸収した影山にも注目してほしい」とコメントした。

また、猪野も自身の役どころに触れ「キャラクターの緊張と僕自身の緊張が相まっている。3年生の強さと1・2年生との絆、そして対戦校との関わりを楽しみにしてほしい」とコメントした。

ライバル校の主要キャラクターを演じた遊馬は「どちらが勝つのかわからない緊迫感を楽しみにしてほしい」とコメント。また同じく小波津も「今まで描かれなかった過去のドラマが描かれてる」とストーリーの魅力を紹介した。

2

今作より会場が大きくスケールアップし、舞台はTOKYO DOME CITY HALLへと移った。脚本・演出を務めた木下は「ようやく‶ハイパープロジェクション演劇″と呼べるようになった」と今回の演出への自信をみせ、「びっくりするような演出を行っているので、ぜひお楽しみ下さい」とアピールした。

公演は3月24日(金)の東京公演を皮切りに、宮城・多賀城市民会館 大ホール、大阪・梅田芸術劇場 メインホール、福岡・キャナルシティ劇場にて開催。全国を巡ったあとには東京・TOKYO DOME CITY HALLにて凱旋公演が行われる。なお、千秋楽の模様は全国の映画館にてライブビューイングされることも決定している。

sub1
(C)古舘春一/集英社・ハイパープロジェクション演劇「ハイキュー!!」製作委員会 Photo by Shunsuke Watabe

6

007

sub6
(C)古舘春一/集英社・ハイパープロジェクション演劇「ハイキュー!!」製作委員会 Photo by Shunsuke Watabe

main
(C)古舘春一/集英社・ハイパープロジェクション演劇「ハイキュー!!」製作委員会 Photo by Shunsuke Watabe

sub10
(C)古舘春一/集英社・ハイパープロジェクション演劇「ハイキュー!!」製作委員会 Photo by Shunsuke Watabe

001

sub9
(C)古舘春一/集英社・ハイパープロジェクション演劇「ハイキュー!!」製作委員会 Photo by Shunsuke Watabe

11

 

(C)古舘春一/集英社・ハイパープロジェクション演劇「ハイキュー!!」製作委員会

FEATURE!!

interview_ono3_eyecatch

AKIBA’s GATE 小野賢章さん特集
連載第3回「プライベート」について

yoshimizu_cover_img0

次世代ビジュアルアートの旗手
コンセプトアーティスト よー清水インタビュー

interview2_eyecatch

AKIBA’s GATE 小野賢章さん特集
連載第2回「家族・キャラ」について