FEATURE!!

FAVORITES

  • Top
  • アニメ 声優
  • 『SING / シング』舞台挨拶に坂本真綾、宮野真守、山寺宏一ら登壇! 坂本は内村のキャラ名を度忘れ…?!

『SING / シング』舞台挨拶に坂本真綾、宮野真守、山寺宏一ら登壇! 坂本は内村のキャラ名を度忘れ…?!

sing

sing

映画『SING / シング』の公開記念舞台挨拶が、3月18日(土)に東京・TOHOシネマズ スカラ座で開催された。日本語吹き替え版の声優を務めた内村光良、長澤まさみ、大地真央、大橋卓弥(スキマスイッチ)、斎藤司(トレンディエンジェル)、山寺宏一、坂本真綾、宮野真守と、音楽プロデューサーの蔦谷好位置が登壇した。

本編上映後の舞台挨拶とだけあって、映画本編の感動と熱気が溢れる会場に内村らが登場すると、場内には歓声が響く。

コアラのバスター役の内村は「朝早くから映画を観ていただきありがとうございます。面白かったですか?」と問いかけると、観客は大きな歓声で応える。その反応に、内村は「頑張って録音した甲斐があった」ホっと胸を撫で下ろしていた。

img_0706

ヤマアラシのアッシュ役の長澤は「歌を歌うということが初めての経験だったので緊張したのですが、思い切りこの役をまっとうできたかと思います。友達や家族に勧めていただけら」と自身でも納得の出来をアピール。

img_0725

ゴリラのジョニー役の大橋は「声優はもちろん、芝居も初挑戦で戸惑ったこともありましたが、ジョニーの境遇が僕に似ているところもあり、両親に反対されながら僕も上京して音楽を続けてきたので、そこを重ね合わせて自分なりに演じた」とコメントした後に「ジョニーの声と僕の声がうまく混ざり合って、違和感なく受け入れられると良いなぁ」と不安な胸中を告白すると、観客からは温かい拍手が送られ、大橋も笑顔を浮かべた。

img_0740

ブタのグンター役の斎藤は、「肌色が多めということでキャスティングいただいて(笑)、良かったかなと。思えば、ファストフード店で声優をやると言われて、最初はよくわからなかったのですが、これほど大きなプロジェクトだと気づいた時には後の祭りです(笑)。本当に素晴らしい映画ですので、素晴らしい映画ですから、素晴らしい映画です。3回くらい言いたくなる映画ですし、3回観てほしい映画です」と爆笑を誘った。

img_0743

ネズミのマイク役の山寺は「皆さん朝早くからありがとうございます、ということで、おっはー!!」とお馴染みの挨拶で会場の雰囲気を和まし、「自己中心的なネズミでジコチュー……(笑)。こんなこと言えるの日本だけですからね(笑)。予告でもナレーションをやらせていただいて、絶対出たいと思っていたので嬉しく思います。日本語版のサントラに、大橋さんと長澤さんとも一緒に収録させていただき、スティーヴィー・ワンダー、デヴィッド・ボウイ、クイーンと肩を並べられました(笑)」とユーモアをまじえて喜びを伝えた。

img_0787

ブタのロジータ役の坂本は「観ていて元気になれる映画で、私は自分の演じたロジータに感情移入をしていたのですが、出来上がったものを観ると本当にどのキャラクターも全部同じくらい大好きになって、何度も観たくなる映画だなと思いました。家族のことを優先して、自分の時間がなかなか無いというお母さんたちにも、観て元気になってもらえたらなと思います。是非ご覧ください、というか皆さんもう観たんですよね(笑)、ありがとうございました」とコメント。

img_0829

ヒツジのエディ役の宮野は「内村さんの親友役をやれるとは思っていなくて、本当に小さい頃からテレビをたくさん見させていただいていて、”マモー”と”マモ”が共演という形になって非常に嬉しく思います。この作品で皆様と数々のイベントに参加させていただけることは本当に幸せなことと思っていますし、斎藤さんもいつもちっちゃくボケてくれるので(笑)、楽しい時間を過ごせています」と出演陣との仲の良さをアピール。

img_0742

ヒツジのナナ・ヌードルマン役の大地は「久々のアフレコでちょっと緊張しながら、でもとっても楽しい時間を過ごすことができました。完成したものを見まして、本当に良い作品に参加させていただいたなと改めて感動しました。お1人につき5人ずつお連れになって、あと5回ずつ観ていただければ」とさらなるヒットを願った。

img_0870

また、”このキャラクターのこんなところが格好良いなと思うところは?”と質問された坂本が、「そうですね、私は全編通してコアラの……お名前なんでしたっけ……」と、内村が演じた主人公・コアラのバスターの名前を度忘れするハプニングが。登壇者から「さすがですね」「バスター! バスター!」「主人公よ!」とフォローされるも、当の内村は「コアラのマーチでいいです(笑)」と返し、会場の笑いを誘った。さらに坂本は、「すみません……(笑)。あの、洗車をしているシーンで、宮野さんの羊に励まされ……」と、今度は宮野が演じたエディの名前を忘れると、劇場はさらなる笑いに包まれた。

img_0779

そして司会から、宮野と斎藤が仲良くなったエピソードについて話を振られると、斎藤が「マモはツッコんでんでくれるのでやりやすいですね。(相方の)たかしはツッコんでくれないから………」と、仲の良さをアピールし、これからは”マモンディエンジェル”としてやっていきたいと意気込んだ。

さらに、「夢を叶える」という映画のテーマにちなみ、出演者たちにこれからの夢について質問が及ぶと、「続編でナナが生きていることですね(笑)」(大地)、「続編までには斎藤さんとLINEを交換して、”マモンディエンジェル”としてM-1を獲りたいなと思います(笑)」(宮野)、「そうですね……世界一周したいです」(坂本)、「せっかく”マイ・ウェイ”を歌ったので、どこかでジャズライブをやってみたいです」(山寺)、「紅白出場です! 渡辺直美を目指しています」(斎藤)、「エルトン・ジョンの歌を歌わせてもらったので、海外でコンサートが出来たらいいなと思いました」(大橋)、「山寺さんのライブに行きたいです」(長澤)などがそれぞれから挙がった。そして最後に内村が「私の役名がバスター・ムーンだということを知ってもらいたい」と再び坂本をいじると、坂本は申し訳なさそうに照れ笑いをした。

ここで登壇者一同へのサプライズプレゼントとして、劇中歌であるレディー・ガガの「バッドロマンス」を観客が大合唱! 内村は驚きながらも「いつ練習されたんですか? 嬉しいです!」と観客に感謝の言葉を伝えた。その内村から「楽しいひと時でした。もしよろしかったら、2回、3回と観て頂けたらなと思います。本日はありがとうございました」と観客に向けてメッセージを送ると、内村の掛け声「SING 上に」に続けて、観客全員による「上がるだけ!」コールによって、舞台挨拶は終了した。

img_0976

■SING/シング』公開記念舞台挨拶
開催:3月18日(土)
会場:TOHOシネマズ スカラ座
登壇者:内村光良、長澤まさみ、大橋卓弥(スキマスイッチ)、斎藤司(トレンディエンジェル)、山寺宏一、坂本真綾、宮野真守、大地真央、蔦谷好位置
MC:伊藤さとり

sing_poster

『SING/シング』吹替版特別予告

作品名:『SING/シング』
2017年3月17日(金) TOHOシネマズ スカラ座ほか全国ロードショー
配給:東宝東和

(C)Universal Studios.

FEATURE!!

interview_ono3_eyecatch

AKIBA’s GATE 小野賢章さん特集
連載第3回「プライベート」について

yoshimizu_cover_img0

次世代ビジュアルアートの旗手
コンセプトアーティスト よー清水インタビュー

interview2_eyecatch

AKIBA’s GATE 小野賢章さん特集
連載第2回「家族・キャラ」について