FEATURE!!

FAVORITES

  • Top
  • アニメ
  • 『ビブリア古書堂の事件手帖』が実写とアニメ、ダブルで映画化決定!

『ビブリア古書堂の事件手帖』が実写とアニメ、ダブルで映画化決定!

%e3%83%93%e3%83%96%e3%83%aa%e3%82%a2

%e3%83%93%e3%83%96%e3%83%aa%e3%82%a2

メディアワークス文庫から刊行されている三上延原作のライトミステリー小説シリーズ『ビブリア古書堂の事件手帖』が、実写とアニメのダブルで映画化される。本作は、極度の人見知りだが、優れた推理力を持つビブリア古書堂の店主・篠川栞子と、活字を読むと体調が悪くなる活字恐怖症ながら、彼女の元で働くことになった五浦大輔を中心とした物語。古書に対する価値観が180度異なる栞子と大輔の凸凹コンビが、太宰治の『晩年』や江戸川乱歩の“少年探偵団”など、様々な名作の謎に挑んでいく。
本作は、メディアワークス文庫で初となるミリオンセラーを達成しており、シリーズ累計では640万部を突破。2013年には栞子役に剛力彩芽、大輔役にEXILEのAKIRAがキャスティングされたテレビドラマが放送され、大きな反響を呼んだ。

映画化に関する詳細は公式サイトにて随時追加されていくので、お見逃しなきように。

また、2月25日(土)に発売される原作『ビブリア古書堂の事件手帖』第7巻は、2011年から続くシリーズの最終巻。栞子と大輔の物語がどのような幕引きになるのか、映画の前にぜひともご一読を。

COMMENT コメント

CATEGORY INDEX

FEATURE!!

interview_ono4_eyecatch

AKIBA’s GATE 小野賢章さん特集
連載第4回「SNS/家電」について

interview_ono3_eyecatch

AKIBA’s GATE 小野賢章さん特集
連載第3回「プライベート」について

yoshimizu_cover_img0

次世代ビジュアルアートの旗手
コンセプトアーティスト よー清水インタビュー