FEATURE!!

FAVORITES

  • Top
  • アニメ 声優
  • 「22/7(ナナブンノニジュウニ)」デビュー曲のMVが本日公開

「22/7(ナナブンノニジュウニ)」デビュー曲のMVが本日公開

eye

eye

秋元康がアニプレックス、ソニー・ミュージックレコーズとタッグを組み総合プロデュースするデジタル声優アイドル「22/7(ナナブンノニジュウニ)」。9月20日(水)発売のデビュー曲『僕は存在していなかった』のMVが本日初公開となった。

フル3DCGアニメーションで描かれているMVは、劇場版『KING OF PRISM -PRIDE the HERO-』などを手掛けるタツノコプロが制作。また、各キャラクターの動きの基になるモーションキャプチャの収録は専門のダンサーやアクターではなく、それぞれのキャラクターを演じる声優陣が担当している。

cutdata_0023
cutdata_0041

キャラクターとキャストが一体化したと言っても過言ではない、「デジタル声優アイドルグループ」22/7 ならではの作品となった本MV。今作で主人公ともいえるキャラクター・滝川みうを演じる西條和は「細かい自分の動きがすべて反映されていることに驚きました。そしてみうちゃんって本当に存在しているんだな、と今日改めて実感しました。本当に感動しました。」と涙で目をうるませた。

cutdata_0061

また、7月に行われた初ライブイベントにて告知されていた「11人で歌うデビューシングル収録楽曲」のタイトルが、『11人が集まった理由』であることも明らかとなった。この『11人が集まった理由』と、同イベントで初披露された『地下鉄抵抗主義』の2曲のラジオでの初オンエアも決定した。
『地下鉄抵抗主義」は8月29日(火)24:00から放送されるニッポン放送「ミュ~コミプラス」にて、『11人が集まった理由』は9月3日(日)11:00から放送の文化放送「A&G リクエストアワー 阿澄佳奈のキミまち!」でオンエア解禁予定である。

さらに、9月21日(木)には都内某所にて『僕は存在していなかった』リリース記念ライブイベントが行われることも決定。詳細はオフィシャルサイトで発表予定となっている。

【リリース情報】
Debut Single 『僕は存在していなかった』
9月20日(水)発売 <1万枚限定リリース>
■完全生産限定盤 Type-A
CD+DVD+トレカ(キャラクター全8種のうちランダムで1枚を封入)  1,667円(税抜)
<CD>
1、僕は存在していなかった
2、地下鉄抵抗主義
3、11人が集まった理由
4、僕は存在していなかった -off vocal ver.-
5、地下鉄抵抗主義 -off vocal ver.-
6、11人が集まった理由 -off vocal ver.-
<DVD>
『僕は存在していなかった』MV
★完全生産限定盤 Type-A 封入特典★
「イベント参加券&スペシャルプレゼント応募券」1枚封入
※イベント&スペシャルプレゼントの応募方法など詳細はオフィシャルサイトにて発表。

■完全生産限定盤 Type-B
CD+トレカ(アーティスト全11種のうちランダムで 1 枚を封入)  1,204円(税抜)
<CD>
1、僕は存在していなかった
2、地下鉄抵抗主義
3、11人が集まった理由
4、僕は存在していなかった -off vocal ver.-
5、地下鉄抵抗主義 -off vocal ver.-
6、11人が集まった理由 -off vocal ver.-

227_%e5%83%95%e3%81%af%e5%ad%98%e5%9c%a8%e3%81%97%e3%81%a6%e3%81%84%e3%81%aa%e3%81%8b%e3%81%a3%e3%81%9f_%e3%82%ad%e3%83%a3%e3%83%a9%e3%82%af%e3%82%bf%e3%83%bca%e5%86%99_s
227_%e5%83%95%e3%81%af%e5%ad%98%e5%9c%a8%e3%81%97%e3%81%a6%e3%81%84%e3%81%aa%e3%81%8b%e3%81%a3%e3%81%9f_%e3%82%a2%e3%83%bc%e3%83%86%e3%82%a3%e3%82%b9%e3%83%88a%e5%86%99

©22/7 PROJECT

FEATURE!!

interview_ono4_eyecatch

AKIBA’s GATE 小野賢章さん特集
連載第4回「SNS/家電」について

interview_ono3_eyecatch

AKIBA’s GATE 小野賢章さん特集
連載第3回「プライベート」について

yoshimizu_cover_img0

次世代ビジュアルアートの旗手
コンセプトアーティスト よー清水インタビュー